2012年04月06日

母ケイコさんの異常さ覚え書き


アルツハイマー病を発症する前の母ケイコさんの異常性格ぶりを

記録していく覚え書き。


私が結婚するときに、

仲人への挨拶に同行してくださいと母ケイコさんにお願いしたところ、

母ケイコさんの言いぐさはこうでした。

「行ってやるからカネを寄こせ」

何なのでしょうこの人は!?

と思ったものです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


posted by keikosan at 08:55 | 人となり・歩み・取り巻く環境など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

増える大人の発達障害


今年に入って「増える大人の発達障害」との見出しでヤフーニュースに

最近大人のADHD(注意欠陥多動性障害)や

大人のアスペルガー症候群(AS)などの発達障害を持った人が増えていると出ていましたが、

認知症発症前の母ケイコさんがまさにこれに当てはまるのかもしれません。

昔から母ケイコさんがしでかしてきた数え切れない異常な行動や非常識な行動は、

おそらく母ケイコさんがADHDまたはアスペルガー症候群、統合失調症など

何かしらの脳障害や精神障害の類を患っていたからとしか思えません。




それが正しいことなのかは知りませんが、

昔から「わがままな人は呆けやすい」と言われてきました。

実は「我が儘な人」とは、大なり小なり元々何らかの脳障害や精神障害の類を患っていて

そういう人はアルツハイマー型認知症を発症する確率が高いとか、

アルツハイマーを発症するリスクの一つとされるというようなデーターが

世界のどこかの医療研究者や医師の間にあるなんてことは無いのでしょうか?

アルツハイマー型認知症になってしまった母ケイコさんの場合、

認知症になる前、若いときから異常な性格だったということを一つの参考例として

ここに書き記しておきます。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



posted by keikosan at 10:14 | 人となり・歩み・取り巻く環境など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

まだまだあります 病的なできごと

認知症発症前に母ケイコさんが見せた異常行動にはこんな例もありました。

母ケイコさんが60歳代前半だった頃に身内のおめでたい席に出席したときの話です。


御祝いに高級ワインを頂いたということで、

列席者にその高級ワインを振る舞ってくれることになりました。

ソムリエによるそのワインに関する丁寧で長いうんちく話からはじまり、

主催者によるそのワインに対する思い入れ話など、

高級ワインは飲む前からいちいち面倒くさいものなのだなと

新鮮な驚きを感じたことを覚えています。

普段、フルボトル1本1000円もしない安ワインを飲んでいる相方や私にとっては

この機会がそれを口にすることの出来る最初で最後となることは確実なワインです。

もちろん、母ケイコさんにとってもそれは同様なのでしょう。

昔からメモ魔だった母ケイコさんですからこの貴重な体験を

いつも持ち歩いている手帳に記録し始めました。

ソムリエ氏の説明に熱心に聞き入り、

「一字一句聴き逃すことなく!」といった気迫でメモしていました・・・・・・・が、

途中から、母ケイコさんの様子に変化が見え始めました。

メモを取る手を止めて上半身を前後に揺すったり、

手帳を閉じたり開いたり、手帳を持ち上げ自分の胸の所へ持って来たりとそわそわしだして

とにかく落ち着きがありません。

この様子、いつか見た光景に似ています。

これは、母ケイコさん30歳代の頃に見せた異常行動にそっくりです。

あの時はそわそわし始めた後、突然無言で突拍子もない異常行動に走った母ケイコさんでしたが

今回はあの時とは若干違っていました。

ソムリエによる説明の最中、小声でつぶやく母ケイコさんの声が聞こえてきたのです。


「ほ、欲しい・・・・・」

「欲しい・・・・・・・」

「欲しい、欲しい・・・」

「あのボトル、欲しい・・・・」

「あの空き瓶、欲しい・・・・」


なるほどそうですか。

母ケイコさんはそういう欲求、欲望のせいでそわそわし始めていたのですね。

おそらく、異常な自慢屋でもある母ケイコさんのことですから、

高級ワインの空き瓶を持ち帰り、

知り合いにそれを見せびらかして自慢をしたいのだと思われます。

だからといって、

この場の雰囲気や、話の流れ、自分の立場等考慮すれば、

たとえ空き瓶だからといってそれが欲しいなどと口に出してしまうことは

正常な精神を持っている人にはあり得ないことです。

30年前のあの光景が頭の中に浮かんできたのと同時に血の気が引いていくのがわかりました。

30年の時を超えあのときのパターンが繰り返されるとすると、

このあと母ケイコさんは急に立ち上がり、中身がデカンタに移され空となりテーブルの上に

置かれたボトルを引ったくってしまうところですが

まさかそれはあり得ない?

いえいえ、昔からなにかしらの精神病持ちの母ケイコさんのことですから

思い込んだら何をしでかすかわかりません。

お目出度い席を母ケイコさんの異常行動によって台無しにするわけにはいきませんので

小声で母ケイコさんを注意してみました。

でもしかし、昔から私が注意したことなど聞く耳持たずだった母ケイコさんが

それで素直に引き下がるわけがありません。

相変わらずそわそわしつつ「欲しい、欲しい」のつぶやきを続けています。

そのうち、母ケイコさんの異常な欲望による異常な行動はもう1ステージ上がり、

母ケイコさんの隣に座るこの会の主催者への直談判へと移っていきました。

主催者に向かって

「その空き瓶、頂戴」と小声で母ケイコさん。

まだ、主催者によるスピーチが続いている最中なのに・・・・。

若いときから何かしらの精神病を患っているであろう母ケイコさんのやることには

ついて行けません。

こんな人が母親だなんて恥ずかしいやら情けないやら。



母ケイコさんの要求はその場で主催者にきっぱりと断られました。

そのワインへの思い入れを語っていたくらいの主催者ですから、

空になったボトルを記念の品として保存しておくつもりなのかもしれません。
(最終的にやはり主催者が持ち帰った)

主催者にきっぱりと断られさすがに観念したのか、

そのあとピタッと母ケイコさんの「そわそわ」は収まりました。
(母ケイコさんの場合、心の変化が身体に表れるタイプのようです)

衆人環視の中でとった母ケイコさんのこの行動は普通だったら奇異に感じられたとは思いますが、

その時点で、列席者のほとんどがかなりお酒の入った状態だったので

もしかしたらほとんど気づかなかったかもしれないことがせめてもの救いです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



posted by keikosan at 07:59 | 人となり・歩み・取り巻く環境など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

病的なできごと


認知症発症前に母ケイコさんが見せた異常行動。

母ケイコさんが30代前半だった頃、

ある日曜日に一家揃って釣りへ出かけたときのことです。

父の釣り竿に魚がかかりました。

金銭面では慎重とは言えなかった父ですが(こちらの記事参照

釣りに関しては慎重だったようで、ゆっくりと慎重にリールを巻きあげていきます。

やがて太陽の光を反射しキラキラ銀色に輝く魚の姿が見えてきました。

それを見て興奮した私たち子供たちは「頑張れ!もう少し!」などと父に声援を送ります。

でもしかし、興奮していたのは子供たちだけではありませんでした。

母ケイコさんです。

慎重にリールを巻きあげる父の右側に立ってみたり左側に立ってみたり

行ったり来たりそわそわとして何だか落ち着きがありません。

(まるで尿意を我慢している子供のよう?)

それでいて、子供たちのように父に向かって声援を送るでもなく、

でも母ケイコさんの目はキラキラと輝く魚を追っていて、

魚に興味が集中しているのは明らかです。

っとその時突然、母ケイコさんは無言のまま父の釣り竿を両手で掴むと、

グイッっと勢いよく自分の後方に引くではありませんか!

そんなことをして無事魚を釣り上げられるわけがありません。

あと少しで釣り上げられる筈だった魚は、ほんの一瞬だけ水面から姿をさらしたものの

針から外れ逃げていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・。

母ケイコさんを除く一同、唖然。

なんなのでしょう?この人は。



おそらく、

「魚を早く釣り上げたい」

「魚を自分で釣り上げたい」

「釣った魚を早く見てみたい」

「夫の様子が焦れったい」

などと思った母ケイコさん、

その衝動・欲求・欲望を抑えることが出来ずに行動に出てしまったのでしょう。


認知症発症前、

それも若いときから何かしらの精神病持ちだったに違いない母ケイコさんですが

このエピソードはそれを証明する出来事と言えるのではないでしょうか。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



posted by keikosan at 09:57 | 人となり・歩み・取り巻く環境など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告