2018年09月28日

アルツハイマー病を患っている人がするお仕事


10月28日、妹が来てくれているので

その送迎のためニコニコグループホームへ行きました。


この日は久々に

母ケイコさんの自室内のチェストタンス、机、

そしてベッドまでもが配置替えされています。

もちろん、それをしたのは母ケイコさん。

ゴミ屋敷で暮らしている時もそうでしたが、

グループホームに入っても尚

まだまだ元気にアルツのお仕事(家具類の配置替え)

を頑張る母ケイコさんです。


アルツハイマー病に破壊された母ケイコさんの脳みそは、

自室の押し入れの中も

"配置替えしろ!"

と指令を出したのでしょう

押し入れに入れてあった物が動かされています。

残念なことに、ただ動かすのではなく

開けなくていいリハパンやパッドの在庫が

汚く破って開けて出されて散乱とか、

いろいろな物がグチャグチャ・・・・。

スカスカの脳みそさんが

せめて

"右にあった物を左に動かせ!"

程度の指令を出してくれたらいいのに、

グチャグチャにするのは勘弁して!という感じ。

もともと注意して改められる人間ではなく、

それが脳みそスカスカさんになってしまったアホアホな母ケイコさんに

注意は致しません。

とりあえず、整理整頓しておきますが、

またご自由にアルツのお仕事をお楽しみください。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:45 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告