2018年09月25日

私にとっての「希望の光」


9月25日、

役所から届いたインフルエンザ予防接種割り引き通知と

新しい保険証、

そして、早め早めにということで

厚い布団と厚めの服も持って

ニコニコグループホームへ行きました。


同じフロアの入居者さんはホールに勢揃いしていたのに、

何か気にくわないことでもあったのでしょうか

母ケイコさんは一人自室に籠もっていました。


この日の気温は高めなのに

エアコンがオンになっているわけでもなく、

ご丁寧なことに窓も閉め切っていたので

母ケイコさんは一人我慢大会を開催しているかの様。

私は

母ケイコさんの我慢大会に参加させてもらうつもりはありませんので

窓を全開にしながら

今日の気温が高いこととそんな日にするべきことを

母ケイコさんにご説明申し上げます。

すると、

何を言うかと思えば

「電気代がもったいないからウチワで扇いでいるんだよ」

と母ケイコさん。

受け答えとしては少しかすった返事がすぐに返せる今の状態は、

まだまだ先は長そうという感じでしたが、

ウチワは見あたりませんし、

「電気代がもったいないから」話を

以後、10回程度リピートされましたし

暗いトンネルの奥の方に

かすかな光が見えたような気がしたのは

気のせいでしょうか?



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 11:38 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告