2012年06月30日

姉ヨウコ80歳


『今月、ジロウさんと一緒に墓参りにそっちに行くけど、もしかしたら泊めてもらうかもしれない』

と、

母ケイコさんと10才歳の離れた実の姉ヨウコ(80才)から母ケイコさんに電話がかかってきたという。

ジロウさんとは、

母ケイコさんのもう一人の姉アキコ(84才)の夫(77才)なのですが、

墓参りには、アキコ夫妻とヨウコの3人で来るのではなく、

アキコの夫とヨウコの二人で来るとのこと。

母ケイコさんと同じで、自分たちの年齢などお構いなしで、

皆、気持ちは若い時のままのようですが、

それはとりあえず置いておいて、

なぜ、姉の夫とは言え人の夫とヨウコがちょっとしたプチ旅行?

おそらくそれは、「金(カネ)」絡みなのでしょうが、

どいつもこいつも母ケイコさんに負けず劣らず余りにも酷いので、

まだ、ブログにどこまで書けばいいのやらと思案中・・・・。



今現在、ブログの内容にタイムラグが半年あって(更に少しずつ広がっていくと思われます)

母ケイコさんの実の姉ヨウコ80歳の背景は、

タイムラグ期間中の今後の母ケイコ劇場の展開上、必要になってくると思われるので
(母ケイコ劇場と言っても、それは悲しいかなノンフィクション)

姉ヨウコ80歳について、

手探りで書いていきましょう。


姉ヨウコさんは、

若いときに実家=母ケイコさんが暮らすゴミ屋敷を出て、

都会でホステスをやっていたそうです。

なぜ都会で水商売の道に進んだのかと言えば、

一足先に都会へ出てホステスをしていた母ケイコ10兄姉の次女を頼ってのことだったそうです。

ちなみに、

姉アキコさんも姉ヨウコさんと同じく次女を頼って都会でホステスをしていたのでホステス3姉妹ですね。
(なんだかNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん」や映画「3丁目の夕日」の世界の様)

その後、姉ヨウコさんは電車内で声を掛けられた男と知り合い、(いわゆるナンパ)

その男との間に一女をもうけたのですが、

そこは一族の血が普通通りの結婚生活を送らせてくれるわけもなく、

ナンパしてきた男には妻あり。

姉ヨウコさんは、現在の母ケイコさんと同じく不倫関係といいますか、

お妾さんという立場になりました。

まぁ、血のせいなどでは無く、

姉ヨウコさん本人の規範意識の問題なのでしょうが、

姉ヨウコさんにとっては幸いなことに、

子供の父親は会社経営をしていたお金持ちで、

女房と畳みは新しい方がいいということでか、

本宅を出て姉ヨウコさんと娘と一緒に暮らしてくれました。

が、ここでまた、一族の血がそうさせたのか、

それとも姉ヨウコさんの道徳心の問題なのか、

いいえ、ただ単に姉ヨウコさんも母ケイコさんと同じで馬鹿なのでしょう、

姉ヨウコさんは勝手に離婚届を偽造し提出。

すかさず自分の婚姻届を提出するという犯罪に走ってしまいました。

ですが、そんな行為はすぐに発覚。

すったもんだがあったのち、なぜか元の鞘に収まり、

あくまでも妾の立場の姉ヨウコさん、妾の子(娘)、不倫相手の3人暮らしがその後も長く続きました。
(その生活の間、娘(私の従姉)は都会のお嬢様学校へ通わせてもらったりしていた)



母ケイコさんが言うには、

その後、3人で暮らしていた家に姉ヨウコさんが男を連れ込み、

現場を不倫相手に押さえられたため、その生活は一瞬にして崩壊。

不倫相手は本妻さんのいる家に戻ってしまったそうです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





posted by keikosan at 12:18 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。