2011年10月31日

認知症患者を旅行に連れて行く

車を取り上げて以来、母ケイコさんが落ち込んでいると思った兄が、

8月のお盆休みくらいの時期に母ケイコさんを泊まりで旅行に連れ出し

リフレッシュさせるという話が持ち上がりました。

(いえ、「持ち上がった」ではなく既に決定事項なのだそうです)

母ケイコさんは昔から車や車の運転に異常な執着があったので

それが無くなったことは少なからずショックだったでしょう。

(アルツハイマー認知症的にも母ケイコさんの経済状況的にも車に乗られる状態ではありませんが)

でも私に言わせれば、

相変わらず口を開けば同じ町内会に住む特定の2名の悪口三昧だったり

私が様々なことについて的確な(?)アドバイスをしてあげても一々反発するしで

基本的には今まで通りの母ケイコさんです。

母ケイコさんからの電話による「死ぬ死ぬ詐欺」が兄には効いているのでしょう。


実は、その母ケイコさんを連れ出しての旅行というのは、

孫のパスポート用に戸籍抄本を取ってくるよう母ケイコさんに兄が依頼した時の海外旅行を

わざわざ母ケイコさんのためにキャンセルしての国内旅行とのこと。

兄が言い出したのか、兄嫁が言い出したのかは判りませんが、

おそらく海外旅行のキャンセル料も発生するでしょうに何というもったいないことを・・・・。

というか、

このところ母ケイコさんと密に接していて、その呆けぶりで泊まりの旅行はどうなのでしょう?

母ケイコさんはちょっと気分が落ち込んでいる普通の人ではなく

呆けてしまった人なのです。

連れて行く方にはそれなりの覚悟が必要そうです。

私は母ケイコさんを泊まりの旅行に連れ出すのはやめた方が

母ケイコさんにとっても兄一家にとってもいいと思いますが、

まぁ、一応、誘われた母ケイコさんが兄に「行く」と返事をしたそうですし、

母ケイコさんの現在の状況を兄一家に身をもって知ってもらうのもいいかもしれません。

私からこの件についてあれこれ言うのはやめておきましょう。

母ケイコさんの旅行の支度は手伝わず、

旅行に出発する日も実家には行かず、

それらを含めての認知症発症者を連れ出しての介護旅行ですので、

その辺りもどうなるのか母ケイコさんと兄一家にお任せです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



posted by keikosan at 13:01 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。