2018年10月25日

惹かれ合う 二人 〜グループホームの恋〜


12月25日、ニコニコグループホームへ行きました。


今日も母ケイコさんはバカ面で、

母ケイコさんの部屋に置いてある洋服掛けに掛かっていたハンガーに

正常な人は決してやらないであろう斬新な方法で

洋服がセットされています。

やってることも顔つきと同じですね。


ベッドには掛け布団として毛布が1枚あるだけで、

冬だというのになかなかの超人ぶりです。

職員さんに確認したところ、

「本人がこれでいいと言うことを聞かない」

ので、

この状態なのだそう。

母ケイコさんがそう言うのでしたら

仕方ありませんね。

このままにしておきましょう。


「『あんたはノートにそんなにいっぱい書いてすごい』って、

 ○○さんに言われたよ」

と、母ケイコさん。

今も欠かさず

日々の出来事をノートに書き込んでいる母ケイコさんですが、

母ケイコさんの言う○○さんとは、

ニコニコグループホームの職員さんにセクハラ行為をしている

入居者仲間のエロボケ爺さんのことです。

もしかしてそれって、

母ケイコさんの部屋にエロ爺さんが出入りしていて

ノートを見せているということでしょうか?

あるいは、

ノートを持って母ケイコさんがエロ爺さんの部屋に出入りしているとか?


なんだかんだ言って、

やはりスキモノ同士は気が合うようで、

いい相棒ができてなによりです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 08:56 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

医師から病状悪化のお墨付き。ヨシっ!


母ケイコさんのかかりつけ内科医院から

月例報告が郵送されてきました。

先月までの病状説明では、

「病状は落ち着いています」

だったのに、

今月分では

「病状が時により大きく変化するので注意してください」

となっています。

ニコニコさんの職員さんたちから

このところよく言われる

「ちょっと進んだみたい」

を裏付ける病状説明ですね。

と言いますか、

かかりつけ内科医が母ケイコさんの様子を

長時間目にしているわけではありませんので、

医師の言う

「病状が時により大きく変化するので注意してください」

は、

ニコニコさんの職員さんから伝え聞いた話をそのまま頂戴した、

といったところでしょうか?



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 09:32 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

ちょっとした切開手術


ニコニコグループホームからTEL。


母ケイコさんの右足親指がうっ血してしまい、

たまたま別の入居者の訪問診療があったので

母ケイコさんの足も診察してもらったところ、

「ばい菌が入ったせいだろう」

との診断で、

今日のところは抗生物質を処方されたそう。

ですが、

薬だけでは済まず、

4日後に切開手術をすることになったそうです。


巻き爪は指の肉に突き刺さり、

身体も隅々までキレイに洗えているわけではないでしょうから

それはばい菌も入るでしょう。

ゴミ屋敷介護中は

アルツハイマー病発症と引き替えに

不死身の身体を手に入れたかの様に見えた母ケイコさんでしたが、

あちこちガタが出始めましたね。



ニコニコさん側から特に要望等なかったので、

こちらから切開手術の件には触れず、

すべてニコニコさんにお任せでお願いしました。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:06 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

軽いだけでなく丈夫なルームシューズが欲しい


11月24日、ニコニコグループホームへ行きました。


ニコニコさんの職員さんからの母ケイコさんの近況報告。

・両足のむくみが酷い。
・他の入居者さんの歯ブラシで歯を磨いてしまう。
・認知症がまた1歩進んだようだ。



この日の母ケイコさんは馬鹿面で、

ペラペラと話すその内容もアホアホ度増し増し。

こちらから尋ねてもないのに

「今の季節は夏」と教えてくれたりもしました。


着替えも基本的に入居者の自主性お任せなのでしょう、

シャツのボタンはめは

かなりの段違い。

私も母ケイコさんの自主性にお任せして、

そのまま着せておききましょう。


確かに足のむくみは酷く、

両足とも足首のくびれが無くて象の足の様です。

炎症?

それとも、

体内の水分が溜まっている?


足のむくみが原因なのか

歩き方もおかしいようで、

上履きの縁の一部が異常にすり切れ、

ほぼおろしたての上履きの一部だけ

もうボロボロです。

あと1ヶ月もしないうちに靴底がパコパコして、

母ケイコさんの素足がコンニチハ。

このペースで行くと

年間何足の上履きが必要なのか恐ろしい。

介護用のルームシューズは

ちゃちな作りなので

余計にダメになりやすいのかもしれませんね。


月1足ペースで新品の靴を買い与える財力はありませんし、

かといって、

丈夫そうな長靴を履かせるわけにもいきませんので、

今手持ちの数足ある介護シューズはすべて

どうにかして補強することにします。





にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 19:19 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告