2017年10月31日

教育熱心で立派な明治の親話はこの先何回出てくるのでしょう?


ケイコの日記


正月に兄一家がゴミ屋敷へやって来たことを

日記に書かなかったのかと思えば

日にちが経ってから書いてありました。


>〇〇君(注:母ケイコさんの孫)家族 12時
>〇〇君お目出とう。たくましい4才
>気がつく孫 
>私は家で車おりる 〇〇宅(注:兄の同級生)へ行くと...
>すぐにチャリで違う道〇〇宅(注:兄の同級生)先まわり TEL連絡
>道変え〇〇町(旧〇〇町〇〇通り)○○寺回り行く
>昔の呼び名覚えてる。地元っ子何でも知ってる。
>今はダメなだけ。
>人の世話はバカがする
>恩をあだで返す
>恩知らず
>人には親切
>貧乏人も金持ちもない
>両親明治生まれ。立派な両親。
>教育熱心親
>エツコ先生がエトウさんの妹さんとPTA活動一緒
>お母さんの話聞かせてもらいうれしい。
>ありがとう。
>ニコニコ物静か。親ゆずり
>私はヒサコ先生の〇〇小学校時代を話す
>おかあちゃんは補導員。
>学芸会、運動会でおしる粉、おでん売りの話する。
>「なつかしい〜。教えてもらいうれしい〜」
>エトウさんの妹さんと笑顔でお話
>ヒサコ先生小柄でいつも笑顔がすてきでした。
>家庭科の先生。たび作り。手さげ、手ぬぐい
>6年生家庭科でした。
>ゆかたは中学校かな?ハシモト先生
>公的年金 源泉徴収 1,442,764-
>1日千円はないよね〜
>どっちがバカだ!
>〇〇(注:私の名前)はキチガイ
>老いては子に従えと明治の親
>私は〇〇(注:アル中で包丁振り回し1号こと祖父)と
>〇〇(注:祖母)の子供だ!
>〇〇アニー(注:近所に暮らす母ケイコさんの兄、四男)は
>恩知らず。バカ。気が利かない


またまた長々と、

出だしは孫の訪問から始まったものの
("気がつく孫" って何?という感じ)

途中から話があちこち飛んで、

最後はゴミ屋敷に送られてきた母ケイコさんの年金のお知らせ

に記載されていた年間の年金額から、

それが全額自分の浪費に回せるお金と狂った頭は勘違い。

まっ、

その勘違いはアルツハイマー病に脳みそを破壊されて狂う前段階の

狂った頭でも

し続けていたのですが・・・・。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 11:19 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

様々な悪あがきは出来ていたあの頃


ケイコの日記


>ヨウコ姉のケイタイ 080-oooo-oooo
>いつも出かけているからこっちにTELしてと...
>ケイタイの方が高くつくよーーーー!
>かけないこと!


姉ヨウコさんは生活保護受給生活なのに

固定電話、携帯電話、ダブルで使っていたのですね。

さすがバカ姉妹はやることがそっくり。

ですが、

身の程知らずにも車を乗り続けた母ケイコさんより

電話2台持ちなどかわいいものかもしれませんね。




>コーヒーより紅茶。白米より麦食べるといいの。
>健康は大事


???????

何を今さら・・・・。




>〇〇総菜 おにぎり、いなり寿司、のり巻き買う
>ツチヤさん工場届ける
>納豆、トーフと1000円くださる。
>〇〇寺 トーフ
>ユミさん 納豆
>オサダさん 納豆
>ヤマモトさん 納豆、トーフ


納豆、豆腐製造工場お勤めのツチヤさんに

おにぎり、いなり寿司、のり巻きの押し売りですか?

そしてツチヤさんからお恵み頂いた納豆、豆腐を

あちこち配り歩いて恩を着せ・・・・。
(あわよくばお金頂戴)


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 08:22 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

年賀状を送らなかった理由


ケイコの日記


>マスダさん 〇〇(注:地元の名産品)確認
>「全部責任持って送るよ」
>○○さん(注:バスツアーで立ち寄った観光農園経営)10日着
>〇〇さん(注:兄嫁実家)
>ヨウコ姉 宅急便 亀屋の袋に入れて在中1万円
>10日着、16日着、13日着 また変更
>変更、変更いやだ。自分で注文して!
>クロネコ用紙も夕方になると重複してはずかしいよ〜。
>TELしておく
>水汲み行く
>深夜2時 もう寝よう


情けをかけて渡してしまったお年玉や

生活保護受給者なのに姉ヨウコさんから送られてきた現金など、

お金が手に入ると人に物を送りたくなる精神病持ち母ケイコさんですね。




>年賀状書いても投函したくな〜い。
>自分へのごほうびにする。
>クジ当たりますように!
>誰もないさ。
>もう人の世話やめる。
>お人好しやめな!


他人宛のお年玉クジ付き年賀ハガキの番号を控えておきながら

結局送らず仕舞い。

なぜなら年賀状は自分へのご褒美だから・・・・。

"クジ当たりますように!" って、

何等狙いだったのでしょう?



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 08:41 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

自分はおかしくないと自分に言い聞かせる感じ?


ケイコの日記


>チャリでも歩きでも
>遠足、遠足と心はずむ。
>町内はイヤ
>どこの店でも昔なつかしい人が買い物してる
>共通のことば
>「ケイコさん、ケイコさん」
>会話の最後は皆「昔のまま変わらないね」
>「年取ったね。またゆっくり話そうよ」
>自然でこういう最会(注:再会?)が
>「君の名は」佐田啓二、岸惠子さんのハルキとマチコ
>橋の場面。スターになった
>今はレスビアンの時代だからと私は言う
>お互いに笑ってまたねーなんて。
>誰に会ってもこの会話するから
>当時を思い出してくれる
>バレー時代。5年と6年(注:町内会バレーボール)
>〇〇町と対抗は話すから「ケイコさん、今も変わらない」言う
>〇〇地区の人とはよく行きあうが
>いろんな話楽しみ言う
>「お父さん死んだ」とかグチ話
>「孫が・・・・・・・・」そんな話
>近所のマモルさん、〇〇スーパーで声かけてくれた。
>「車がないからどうしちゃった?」
>チャリだよ。〇〇スーパーで声かけてくれる。
>翌日家行く。タカちゃん
>「お父さんあまり口聞かないが、あんたのことしゃべったよ」
>気にしてくれるのでおかず持って行く
>いなくてもお勝手から入れるので
>朝行くと「上がっていきなよ」
>お父さんの姉さんが「行こうよ」と来るんだよ
>私も買ったよ。〇〇(注:私の名前)におこられる。
>図々しい人は毎日もらいに行く。
>タカちゃん買っちゃダメ!行くんじゃない言うと
>おばさんに似てるよ。よくお前さんに言っておくと
>赤んぼうの時にきて面倒してくれた。
>実家にいるとき、家がまだ店やってるとき店番。
>隣のハラさんへムコに来た人の話が出る
>私も覚えてる。
>だからタカちゃんはケイコさんと会うと
>来て来てと今でもニコニコ
>毎日いなくても窓の中に置いてくる
>マツシタさんとチャリ二人で商売卸し専門だから
>箱だから二人で分けようねと買う
>次男は石屋。娘は〇〇町の農家
>金には困らない人
>人つき合いはしないが、おばあさんが世話になったと
>今は二人がよく声かける
>二人とも育ちがいいからおばさんに似てると笑顔で外であう
>私から行くと「うれしい、うれしい」
>タカちゃんからお父さん聞こえなくても声かけなと。
>「ごはんできたら並べておくよ」書いておくから言うと
>字なんて書かないな〜
>孫二人は優秀。〇〇高校行ってると。
>家柄いいからつき合いは常識ある
>「何もおかしくないよ〜。気にしなくていいよ」と
>ポケットに千円入れる。それは受けとって
>行ってきたよ〜と届けてやる
>玉子、パン2軒分、まんじゅう2ケ



長い・・・・。

しかも、

アルツハイマー病に破壊された脳みそに閃いたことを

とりとめも無くだらだらと・・・・。

今はレ "ス" ビアンの時代だったのですね。

って、

レズビアンの時代って何?


そしてまた千円ポケット話。

あちこちからお金をお恵み頂いて

そのお金で物を買って

その一部を人にプレゼントして

ただ乞食をしただけではないと

帳尻合わせをしたつもりだったのでしょうか?




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 13:15 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告