2017年01月31日

異常者のアドレス帳


母ケイコさんのアドレス帳


精神病を患っている人のアドレス帳は、

まあ書き込み件数が凄いですね。

量がスゴイものだから、

途中からあいうえお順などお構いなし。

検事の名前を添えた管轄検察庁の電話番号など、

普通に暮らしていたらアドレス帳にメモっておくことは

まずありえないでしょうに

そんなものまで書き込んであるとは

さすが異常者の電話帳は違います。



とある女性名で書き込まれていた住所と電話番号のその下には、

「つくし(スナック?)のママから亡くなったと聞く」

「心ののれん(心と大きく書かれた暖簾?)を香典やったつもりであげる」

と小さな文字で書き込みがされてありましたが、

香典代わりに暖簾を渡されても、という感じ。



ゴミ屋敷周辺のスーパーマーケットやホームセンター、

ドラッグストア、100円ショップ、パン屋、菓子屋、コンビニ etc.

何のためにこれらを書き込んだのしょう?

これも普通はありえない。

母ケイコさんも異常者にありがちな立派なクレーマーでしたから、

いつでもクレームを入れられるようメモっておいたのかもしれません。


周辺のホテル、旅館、民宿、かんぽの宿、国民宿舎などの書き込みは、

ゴミ屋敷にそこのタオルや盗んで来たのであろう旅館名入りの丹前がありましたので

すべて宿泊したことのある施設なのでしょうね。

最下層の貧乏人のくせに、

ホント、身の程知らずのお馬鹿さん。


アドレス帳一つで人を苛立たせてくれる

ある意味天才母ケイコさんです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 09:57 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

暴言ボケ老人


ニコニコグループホームから定期報告が郵送されてきました。


お漏らしが酷いことのほか、

母ケイコさんの暴言が酷いことについても

あれこれ書かれていますが、

私にしてみればそれが普通。

チンピラズベ公母ケイコさんでしたから、

呆ける前から一旦キレると

まあそれはそれは酷いものでした。

元々、話せば判る人間ではありませんでしたし

脳みそがスカスカになってコントロールが効かず

人間モドキへの道をまっしぐらな今、直るわけがありません。

脳みその破壊がさらに進んでおとなしくなるのを待つか、

おとなしくさせる薬を盛るしか手はないでしょう。

どちらを取るか、

そこはニコニコさんにお任せします。

母ケイコさんの振るう暴力にだけはお気を付け下さい。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 08:45 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

本音は目に見えないけれど・・・・


ゴミ屋敷の片付けに行きました。


ゴミ屋敷前の道路を

呆けた母ケイコさんがずっと攻撃対象としていた

町内敬老会の長老である鈴木太郎さんが歩いていたので

呼び止めさせてもらって直接ご本人に謝罪。


「いいよいいよ」

「全然気にしてないよ」

「歳をとるとしょうがないことだからね」

「家まで来てくれたんだってね」

「気なんて遣わなくて良かったのに」

「お母さんの具合はどう?」


狂っているとは言え

母ケイコさんから散々嫌な思いをさせられてきて

最後は掴みかかれるまでされたのに

鈴木太郎さんの奥様といい

なんて出来た方たちなのでしょう。

受けた仕打ちは決して忘れなくて、

こいつ、〇ねばいいのに・・・・、

と思ってしまう私とは大違い。

私の「〇ね〇ねリスト」に名を連ねる人の多さと言ったら・・・・、

って、

母ケイコデスノートを書いていた母ケイコさんが親だけあって

血は争えませんね。

まっ、

人それぞれ生き方はあるということで

私は私の路線で生きていきましょう。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:40 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

おかしな人は、そこにもここにも


朝、ゴミ屋敷へ行きました。

今日は不燃ごみ収集日なので

ゴミ屋敷の片付けをしていて程度溜まった不燃ごみを

ドッと出してしまいましょう。


ゴミ収集場所にて、

アルツハイマー病を患った母ケイコさんと関わるようになった初期の頃に

「お母さんのことを "呆け" なんて言ったらダメ!!!」

「"認知症" と言わないとダメ!!!」

と、

言葉で言いつくろっても呆けは呆けなのに、

と言いますか、

ハッキリ言って"狂った人"となっているのに、

私を批難してきた町内のおばちゃんが

ゴミ出しに来ていて、

私に向かってまたおかしな言いがかりをつけてきました。


「何で施設なんかにお母さんを入れたの!?」

「あなたのお母さんは頭がいい人なのよっ!」

「そんな所へお母さんを入れるなんて

 もったいないことなのよっ!」


・・・・・・・・・・。

呆けたから介護施設に入所させてもらったのですよ。

なんの異常も無いまともな人間を

無理矢理グループホームへ入所させてもらったわけではありません。

このおばちゃん、

大丈夫でしょうか?

精神病院か、認知症専門病院で

一度、検査してもらった方が良さそうですがどうでしょう?


"呆け"じゃなく"認知症"と言え!

と言っておきながら、

"施設なんか"とか、

介護施設のことを"そんな所"と言ってみたり・・・・。

本性は私と同レベルの人間ですね。

いい人ぶって馬鹿みたい。

こういう馬鹿は、

介護の敵であり、

こういう馬鹿が呆けると家族にとって厄介な存在となるのでしょうね。

っで、

馬鹿は相手に致しません。

馬鹿の言う馬鹿な意見に

言葉の返事はせず無言で意味不明の頷きを返すのみ。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:57 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告