2015年08月31日

三文女優相手にこちらも小芝居


午前10時10分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


私との連絡用テーブルの上にはサイフを置いてカネくれアピール。
(残金ゼロ円)

今日の分の薬が投薬カレンダーに残されていましたので

母ケイコさんに手渡して飲ませます。



母ケイコさん用に夏物の薄いシャツやズボン、パジャマを

それぞれ1000円しないような安物の服を扱う店で買って持ってきたのですが、

本人にそのまま

"はい、これ買ってきたので着てくださいね"

と手渡すと

「物を買うお金があるのならその分の現金を寄こせ!」

と反発されるのは目に見えていますし、

反発され、

「新品だし、これをお金に換えよう」

とか、

反発され

「新品だろうが知ったことか、こんなもの捨ててやる!」

となるのが大体のいつものパターンですから

アルツハイマー病に脳みそを破壊され知的な障害を負っている

母ケイコさん用に小芝居をうちます。


"夏物の服、ありましたよね?"

"どこへしまいましたっけ?"

"あっちの部屋のタンスかな?"


などと言いつつ

母ケイコさんのいない部屋へ捜しに行くふりをして


"あったあった"

"やっぱりあっちの部屋のタンスの中にありましたよ"

"もう暑いから、そろそろこういう服を着た方がいいかもしれませんね"


と、買ってきた服の一部をベッドの上に並べておきます。

そして、残りの新品服は

まるで元々この家にあったかの様に

ハンガーに掛け別の部屋のフックに掛けておきました。

母ケイコさんから特に反応はありませんが

安物の貧民服とは言えせっかくのおニューの服を

どうか、捨てたりよそ様に換金して貰ったりプレゼントしてきたりしませんように!





にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 08:27 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

外車代、海外旅行代、グルメ代、etc. に化けるお薬


今月は母ケイコさん抜きで病院へ・・・・。

母ケイコさん本人がいてもいなくても同じで

何の実りも無い医師との面談は終了。

ヤブさんが書いた処方箋を持って薬局へ行き、

製薬会社社員さんのとんでもなく優雅な暮らしに貢献するため

処方された薬を購入。

病気が消え去るわけでのないのに、

効いているのかいないのか判らないのに、

ホント、いい商売です。

何種類も同時に服用している薬漬けの母ケイコさんは

問題のない部分には悪い影響があるのでしょうね。

"自分がこの病気になったとしても、この治療はしてもらわない・この薬は服用しない"

とテレビの医療番組で医者が話しているのを観たことがありますし、

実は製薬会社社員に言わせれば

"自分が病気になっても、たとえ自社製品でもこの薬は絶対服用しない"

とかいう恐ろしい薬もあるのかもしれないですね。


病院からの帰り道に再びゴミ屋敷へ立ち寄り

もう分別不能となっている燃えるゴミを回収して行きます。

さきほど置いていったワタミのおかずはもう平らげてあって

サランラップ巻きにされた(これも壊れた脳に巣くう虫神様からの指令)

空の容器が私との連絡用テーブルの上に置いてあります。

外に放置されていたサラダ巻きは

不死身の母ケイコさんならまだイケるでしょうということで

冷蔵庫に入れておきましたが

こちらはまだ手を付けていませんでした。



母ケイコデスノートに

私が来たこととその時刻を書き込んでいた母ケイコさんとは

挨拶程度で特に会話をすること無くさっさと帰宅。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 08:07 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

チェックする人間がいないと確実に死期は早まる


午前10時50分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


私との連絡用テーブルの上にはサイフアピール無し。

今日の分の薬・・・・〇


母ケイコさんは会議室にて

テーブルの上にサイフや小銭を並べてお金の勘定中で、

上半身裸に下半身はまたまた厚手の長ズボンをはいています。

ゴミ屋敷の窓という窓は閉め切られていて

室内の温度は相当なものですから

その格好は

アルツハイマー病に破壊されている脳みそを使って

壊れた脳みそなりの暑さ対策をしているようです。


では、この様子をネタに

今日も"私は施設へ入る人。入るべき人。入る時期がやって来た人"洗脳作業を

しておきましょう。


"暑い・・・・"

"何?この暑さ"

"あぁ〜、こんなに暑いのに窓が全部閉まってる・・・・"

"そうか。もう暑いとか寒いとか判らなくなってしまったのかぁ・・・・"

"やっぱり、頭の具合が大分悪くなってしまったのかぁ・・・・"

"大変なことになってしまったなぁ・・・・"


などと誰にともなくつぶやきつつ

ゴミ屋敷の窓を開けていきます。

それに対して母ケイコさんの反応はなく

相変わらず小銭を並べてその結果をメモ書きしています。


窓を開けて回っていると、

何かしらの品物が入っているコンビニのレジ袋が

ウッドデッキ(母ケイコさん浪費の産物)の上に(屋外)

置かれているのが目に入ってきました。

レジ袋の中には

バナナとトマト、そしてサラダ巻きが二つ。

レシートは見あたりませんが

サラダ巻きに貼られているシールには

今日の午後3時までが消費期限と打たれています。

サラダ巻きにはまだ少し冷たさが残っていますので

おそらく今朝買ってきたものなのでしょう。

アルツの人がやりがちな典型的な間抜けな所行。

こんなですから、

"アルツの人から口に入れる物をもらってはいけない"

のは世間の常識。

アルツの人は虫神様に脳を差し出した見返りに

不死身の身体を手に入れていますので

ちょっとぐらい腐った物や汚い物を食べても

屁でもないのでしょうが、

一般人はそうはいきません。

アルツの人から食べる物を受け取らないよう肝に銘じましょう!



"私は施設へ入る人。入るべき人。入る時期がやって来た人"洗脳作業のネタ

ありがとうございました! ということで

コンビニのレジ袋を母ケイコさんに見せつつ


"こんな物がデッキの上に置いてありましたよ"

"コンビニで買ってきて外へ置きっぱなしにしてたのですね"

"いつ買ってきましたか?"

"レシートを見せてください"


と、母ケイコさんに確認しましたが

返事がありません。

サイフやショルダーバッグの中を探しましたがレシートは見あたらず

再度、本人にレシートがどこか確認しましたが

またまた返事は無し。

はいはい。

では、洗脳のつぶやきを始めましょう。



"あっ! サラダ巻きが入ってる・・・・"

"こんな暑い日に生ものが外に置きっぱなしなんて信じられない・・・・"

"あぁ〜、こんな大切なことも理解できなくなったのかぁ・・・・"

"困ったなぁ・・・・"

"アルツハイマー病がかなり悪くなっちゃったみたいだなぁ・・・・"

"先生、何て言うかなぁ?・・・・"

"もう施設に入らないとダメだって言うだろうなぁ・・・・"

"介護の人もそろそろ施設に入らないとダメですねって言うだろうなぁ・・・・"

"糖尿病がすごい悪いからなぁ・・・・"

"このまま行くと、足を切断することになるからなぁ・・・・"

"困ったなぁ・・・・"



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 09:09 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

トイレに行く時には下半身裸で行きましょう


午前10時、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


私との連絡用テーブルの上にはサイフアピール無し。

薬は今日も×


会議室から

カチャカチャと食器に何か当たってます風な音が聞こえてきますので

母ケイコさんは食事中なのでしょう。



昨日持ってきた牛乳1Lパックはまた一日で飲み干すお大尽飲み。

それがどうした?と思えるあなたは

貧乏とは無縁の金銭的には恵まれている生活を送っていらっしゃる方ですから

日本にはこんな底辺で暮らす人間もいるのだなと

鼻で笑ってくださって結構。

昔は連日同じ服で学校に通ったり

靴下をはかない子(石田純一さんはその名残?)とか、青っぱなの子とか

上着の袖が青っぱなを拭ってテカテカの子とか

貧乏人仲間が大勢居たのに

今では小学生のうちからスマホを持たせたり

海外旅行へ連れて行ってもらったり

日本はいつからこんな豊かな国になってしまったのでしょう?

まっ、豊かな様でいて

内情はゆがみやひづみでどろどろとした家庭も多々あることでしょう。

いずれ気がつけば

貧乏界は昔と同じように賑わうことになるのかもしれません。

お待ちしております、いらっしゃい・・・・。



押し入れにしまっておいた扇風機数台を引っ張り出していると

食事を終えたのでしょう母ケイコさんがノソノソとやって来ました。

上半身は下着のシャツ。

下半身はスッポンポン。

「おはよう」

と私にひと声掛けるとそのままトイレに入っていきました。

この前のお風呂に入る時と同じで

お風呂やトイレに入る時は事前に邪魔な服や下着を脱ぎ捨てておく方式に

改めたのかもしれません。

なかなか合理的でいいじゃないですか。

ですが、

どこか外でトイレをお借りする時はこの方式を貫いていないことを祈ります。
(別にやるのは母ケイコさんですから私は痛くもかゆくもないのでいいのですが)


ショルダーバッグ内のサイフに今日の分のお金を補充。

サイフの中には2000円弱残っていましたので

昨日も買い物には行っていないようです。

トイレから出てきた母ケイコさんに薬を手渡し飲ませ

その他諸々の用事を済ませ

さっさと帰宅。


今日は話のとっかかりがありませんでしたので

"私は施設へ入る人。入るべき人。入る時期がやって来た人"洗脳作業はお休みです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
posted by keikosan at 08:35 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告