2015年01月31日

話の内容で最近の出来事や今考えていること、目下の関心事が間接的に透けて見える


午前10時15分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは庭先で洗濯物を干しています。


私との連絡用テーブルの上にはサイフアピール無しですが

コンビニのレシートが3枚置いてあります。

買い物した日付けはすべて昨日。

そのうち2枚は

100円ショップでの買い物でよく見られた

10分の時間差買い物(お昼頃)で、

もう一枚は夕方に買い物をしています。
(買った品は生玉子やらお総菜やら)

おそらく、100円ショップでもそうだったのでしょうが、

このコンビニでも、

店員さんの間では、"毎日買い物にやって来るおかしなばーさん"として

覚えられていることでしょう。

そういえば、

自転車を小学生に盗まれて以来(母ケイコさんの頭の中ではそういうことになっている)

それまでほぼ毎日通い詰めていた100円ショップはすっかりご無沙汰母ケイコさん。

行きつけだった100円ショップは歩いて行くには少し距離があるので、

こうと決めたらどこまでものアルツハイマー病の人ではありますが

"歩いて行くにはしんどい場所" と壊れている脳みそにインプット出来たようです。



エアコンの温度設定がまたまた30度に上げられスイッチオンになっていたので

26度に下げておきます。(エアコンの適正暖房温度設定は20度らしい)


洗濯物を干し終えた母ケイコさんがやって来て


「掃除機どこから出してきた?」


と、唐突にまた訳の判らないことを言い始める母ケイコさん。

とりあえず、

"ずっと廊下に置いてありましたよ"

と、壊れている脳みそでも理解出来るように淡々と教えてあげました。


すると、

「2つ買ったよ」

と母ケイコさん。


話はかみ合いませんが、掃除機繋がりの話を続けるようです。


普通、一度に掃除機を2つ買う馬鹿はいませんね。

そんな馬鹿は母ケイコさんのように頭が壊れている人か

母ケイコさんのように間抜けか、

母ケイコさんのような買い物好き。

と言いますか、

この掃除機話を聞かされるのももう何度目でしょう?


「アニー(アニーさんという外国人ではなく、母ケイコさんの兄=私の伯父のこと)に

 1つくれてやったよ」

「分解したら壊れちゃったから『直してくれたら1つやるよ』ってアニーに言って

 くれてやったんだよ」


母ケイコさんのする掃除機話はしっかり台本通りに進行していくのですね。

まだまだ脳みその破壊はそれほど進んでいないようですが、

実際には掃除機は2つともゴミ屋敷にあって

2つも必要ないので、

そのうちの1つはアルツの母ケイコさんと関わるようになった初期の頃に

私が捨ててしまったので

母ケイコさんのする掃除機話はインチキな記憶なわけで・・・・。



母ケイコさん研究家の私の見立てでは、

おそらく、ごく最近、母ケイコさんは伯父と接触したのでしょう。

そして、

かつて物をくれてやった、だから見返りを寄こせ

と言いたいのかもしれません。


残金600円のサイフに今日の分のお金を補充し

その他諸々の用事を済ませ

さっさと帰宅。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:18 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

バカの負けず嫌いで病気と闘う往生際の悪い人


午前8時50分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


私との連絡用テーブルの上にはカネくれアピール無し。

ラジオは音量大でオン。

エアコンはまたまた設定温度が30度に変えられオン。

母ケイコさんは、会議室にて食事中。


「ごはんは保温をとめて、電子レンジで温めた方がいいよね?」


と、母ケイコさん。

何を今さらという感じですし、

ちょっと前までカルピス入りのグチャグチャカルピスご飯を食べていたのですから

ごはんについて語るな!という感じでもありますが、

これは先日ゴミ屋敷へ帰ってきた妹からそうするように言われたので

言っているのでしょう。

とりあえず、"そうですね"と応えておきます。


母ケイコさんが食事している会議室のコタツの上、茶わんの横に

母ケイコデスノートが広げてあって、

今日の日付のメモ書きが書かれているのが見えました。


>○月〇日

> 昭和の力


久々に出ました、"昭和のチカラ"。
("明治ダマシー"もどこかに書いてあるのかも・・・)

アルツハイマー病に脳みそを破壊されている母ケイコさんですが、

クリームシチューは炭にして火事を起こすのも時間の問題母ケイコさんですが、

まだ炊飯ジャーでご飯が炊けるのも

まだ電子レンジが使えるのも

すべては"昭和のチカラ"のお陰なのかもしれませんね。

いえいえ、

"昭和のチカラ"のお陰と言うよりも

"馬鹿の負けず嫌いのチカラ"と言ったところでしょうか?



ベッド脇に置かれていたショルダーバッグ内のサイフに

今日の分のお金を補充。
(残金1700円もあったのは、妹からもらったお小遣いのせいでしょう)

その他諸々の用事を済ませ帰宅。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 06:28 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

下々の民よ聞くがよい


午前10時10分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


私との連絡用テーブルの上にはサイフを置いてカネくれアピール。
(財布の中身は空っぽゼロ円)

今日の分の薬・・・・・〇
洗濯物干し・・・・・すでに完了


私が来たことに気づいた母ケイコさん(と言いますか、持ち構えていた?)

寝室からノソノソと出てきて


「サダちゃんのねーさんだよ!」


と、いつものように呆ける前と同じで

会話の組み立てがまったくなっていない話の始まりです。


「電話がかかってきたよ」

「リーダーだから電話くれたんだってさ」

「『会えるの楽しみにしてるわ〜』なんて言ってたよ」 へへへ。



母ケイコさんの話す話は、

行間を聞き手が想像して足さなければなりません。
(もう何度も言ってますが、これはアルツハイマー病に脳みそを破壊されたせいでこうなったのではなく若い時からのこと)


サダちゃんとは、同じ町内にお住まいの方で

そのお姉さんが、

母ケイコさんが参加させていただいている月一社協の集まりの

今年度の責任者を務めているのでしょう。

来月の出欠確認の電話をかけてくれたようです。


「〇〇(ゴミ屋敷周辺の地区名)の人も、『ケイコさんが居ると楽しいよ!』

 って、みーんな言ってくれてるよ♪」ニッコニコ


なるほど、そうですか。

謙虚、謙遜という言葉とは無縁の母ケイコさん。

何かにつけ、自分のことを本当の自分より数段、

いえいえ、ヘタすると数十段上にして話すのも呆ける前からのこと。

そんな俺様母ケイコさんのする自分はスゴイ話に

へー、へー応えつつ用事を済ませ

さっさと帰宅。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 08:11 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

火事を起こすのも時間の問題?


午前10時55分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。

ゴミ屋敷前の道路は母ケイコさんの手によりイメージアップ大作戦が

行われたようで、きれいに掃き掃除が完了しています。


玄関の鍵を開けようとした時にふと庭を見ると、

庭木の根元にホーローの鍋が放置されているのが目に入ってきました。

あの鍋は、

昨日ゴミ屋敷へ帰ってきた妹が母ケイコさんのためにクリームシチューを

作ってくれた鍋だった筈ですが、

なぜ屋外に放置されているのでしょう?

何かしら母ケイコさんの癇に障ってまたキ○ガイ発狂し、

クリームシチューごと鍋を庭に投げ捨てたとか?

まだほとんど使われていないホローの鍋(これも母ケイコさんの浪費の産物)が

もったいないので回収しましょう。

と、放置されていたホロー鍋に近づいてみてビックリ。

ホーロー鍋の外側は所々焼け焦げの跡が付いていて

鍋の中身はさらに悲惨な状況です。

鍋いっぱいに炭が入っています・・・。
(正真正銘真っ黒で、白さはどこにも見られない)

炭の量から言って、おそらく、妹が作ってくれたクリームシチューは

母ケイコさんに食べられることなく、

母ケイコさんの手により炭へと調理されたのでしょうね。

これだけ炭化しているとなると、

台所で一人キャンプファイヤー状態だったような気もしますが

どうだったのでしょう?

と言いますか、

母ケイコさんにカセットコンロを使わせるのは

いよいよ限界となってきたのかもしれませんね。

母ケイコさんがゴミ屋敷とともに焼け死ぬ分にはWelcome!ですが

そうそう事が上手く運ぶわけがありません。

密集した隣近所に燃え広がってご迷惑をお掛けするのは必至。

そして、その責任の矛先は、

一番身近にいる私に向かってきて、私の人生もそこでほぼ終了。

さてさてどうしたものでしょう?


ゴミ屋敷の玄関を開けると開けたとたん焦げ臭さが鼻につーんときました。

急いで台所の確認へ向かいましたが

幸いカセットコンロ周辺に燃えた跡はありません。

まっ、カセットコンロ周辺が燃えるくらいまでいったら

母ケイコさんに消せるわけがありませんから

今頃私は

警察なのか消防なのか事情聴取を受けている最中だったのかもしれませんね。

っで、

母ケイコさんはと言えば、ベッドでぐーぐーいびきを掻いて寝ています。
(ラジオは音量大でオン。エアコンは設定温度26度でオン)

ここで母ケイコさんを起こして炭入りの鍋を突きつけてどやしつけるのは

介護の素人がやりがちなマイナスしか残らない愚かな行為。

介護のプロ(特殊人種母ケイコさんに特化した介護のプロ)の私は

そんな愚かな行為はいたしません。

このまま寝かしておきましょう。


私との連絡用テーブルの上でカネくれアピールされていたサイフに

今日の分のお金を補充。(残金は685円でした)

投薬カレンダーに残されていた今日の分の薬を回収。

とりあえずカセットコンロの使用は様子を見るといことでゴミ屋敷を後にし、

そのまま病院へ行きました。
(今日は母ケイコさんの診察日)

先月増量されたリスパダール1mgを0.5mgに戻してもらい

本人居ないのですから当たり前ですが、

本人が居る時も同じで何の実りも無い診察はあっという間に終了し帰宅。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 08:04 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告