2014年08月31日

心の師がお亡くなりになりました



インターネット上のニュースが「大〇ジャリ様死去」を伝えていました。
(そんな有名人だったのですね)

それが氏が作ったとされる壺の御利益にどう影響するのか

仏のみぞ知る、といったところでしょうか?

母ケイコさんが

敬愛する大〇ジャリ様の死を知るチャンスはかなり少ないと思われますので

今後もその死を知らぬまま折に触れ

大〇ジャリ様のツボツボ繰り返すことでしょう。



午前11時15分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは外出中、と思ったら、

寝室とは別の部屋に置かれたベッドでおやすみ中・・・。

アルツハイマー病に破壊された脳みそに何かしらの閃きでもあって

今後はかつての寝室だったこの部屋で寝るつもりなのでしょうか?

まっ、そうなったとしてもこの部屋に暖房器具はありませんから、

冬が来ればまた今の寝室に戻ってくることでしょう。


寝ている母ケイコさんを起こさぬようそっと用事を済ませ

そっと帰宅。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:42 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

墓守


午前5時10分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんはベッドでスヤスヤおねむの子。


残金90円のサイフに今日の分のお金を補充。

眠っている母ケイコさんを起こさぬようそっと用事を済ませ

そっと帰宅。




午前10時20分、再びゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


「マサコさんが、おはぎを持ってきてくれたよ」

と、母ケイコさん。

今年もまた、

伯父の奥さんがおはぎを持ってきてくれたようです。

ずっと昔、

母ケイコさんがまだ呆けていなかった頃に、

「お彼岸に仏壇にあげるものでも持ってこい!ってマサコのバカに言ってやったよ!」

と、母ケイコさん本人が言っていたのを私のこの耳で直接聞いたのですが、

おそらくこれは

それ以来続いている年中行事なのでしょう。



「お彼岸だけど、墓参りに行ってないよ」

「この前、アニー(母ケイコさんの実の兄=マサコさんの夫=伯父)に

 お墓は頼んだから、私はもう行かなくてもいいんだよね?」


と、私に言ってきました。

まだ母ケイコさんが自転車に乗っていた数ヶ月前までのこの二年間、

母ケイコさんが墓参りに来た形跡はなかったので

もしかしたら、お墓のある場所が判らなくなってしまったのかもしれませんね。

今の母ケイコさんの体力から言えば、

明治の親二人やヤクザな兄(長男)、

それに心中した兄(次男)とそのお相手が眠るお墓までは

徒歩でも十分行ける距離なのに

「もう行かなくてもいいんだよね」なんて言うくらいですから

場所が判らないのと、

"行くんだ"という気持ちも湧かなくなってしまったのでしょう。


お墓の世話は誰に言われなくとも私と相方がしっかりやっていますから

どうぞご安心くださいの意味を込め、

「もう行かなくてもいいんだよね」

と言ってきた母ケイコさんに、

"そうですね"

と答えます。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 07:18 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

認知症の人のお買い物


午前8時30分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


今日は朝からゴミ屋敷の庭木の剪定作業をします。

道路にはみ出している部分だけでもカットしてしまいましょう。

ホント、貧乏人は庭に植木など植えるべからず!


午前9時30分、額に汗して作業する私を尻目に

「コンビニへ行ってくるよ」

と、今日もお出かけ母ケイコさん。

暢気に買い物など出かけて

ヤマトブックサービスでお取り寄せした書籍代を支払うお金は残っているのでしょうか?

では、母ケイコさんが出かけたので作業を中断し

ゴミ屋敷内のチェックをいたしましょう。

するとどうでしょう。

ヤマトブックサービスでお取り寄せした本は

寝室のベッドの上に置いてありました。

昨日の午後、すでにあったのか、昨日の夜、再配達してもらったのかは判りませんが

ここにブツがあるということは、

代引きの支払いも済んでいるということなのでしょうね。
(まだ家のどこかに隠し金があった?)

まぁ、それはいいとして、

ふむふむ、

ヤマトブックサービスでわざわざお取り寄せした本は一円玉健康法の本ですか・・・。

ちょっとちょっと、母ケイコさん、

この本、見覚えありますが、

以前にも買いませんでしたっけ?

ちょっと待ってくださいよ。

えっと・・・・・。

あったあった。

ほらこの通り、一円玉健康法の本がもう一冊。

阿呆です。(そうですよ。母ケイコさんは正真正銘の阿呆ですから・・・)

キ○ガイさんのやることは、こんなもの。

でも・・・・。

母ケイコさんのこういう買い物は今に始まったことではありません。

アルツハイマー病に脳みそを破壊される前の若い時から

2度買い、3度買いは当たり前。

生まれながらにして脳みそに異常があったせいで

そんな調子だったのでしょうね。


こうして、大切なお金は、

また無駄に消えていったのでした。

しかし、

ヤマトブックサービスなるサービスを覚えてしまったことが恐ろしい。

これが続くようなことがあったら・・・・。

いえいえ、それは大丈夫。

代引きに対応できるお金はそうそう持っていないのですから

即、支払い不能のブラックリスト入り。

あぁ〜良かった。

心配する必要はなさそうです。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 06:56 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

裸で過ごした昼下がり


午前6時45分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


台所で洗いものをしていた母ケイコさん。

その姿は全裸で、

もう涼しくなってきているというのに

まだまだ元気な母ケイコさんは裸祭り開催中!(阿呆)


「これからお風呂に入るところだよ」


こちらから母ケイコさんのその姿について何か尋ねたわけでもないのに

そう言ってきたのは

自分の姿がオカシイという自覚はまだあるという証拠なのでしょう。

でも、風呂を見ると浴槽は空っぽで、

なんだかんだ言って、

母ケイコさんがオカシイのは間違いなしです。(そんなことは当・た・り・前!)



昨日は約束を守って敬老の催しに行ったのか

それもあえて確認しなかったので判りませんが、

昨年は、こちらから確認しなくとも

「良かった、良かった!」

「とっても良かった!」

とペラペラと喋ってきたことを考えると

もしかしたら昨日は行かなかったのかもしれませんね。

いっそのことお役所も、

「敬老の催し観覧資格:認知症を発症していないこと」

と但し書きをしてくれたら良いのに・・・。

まっ、母ケイコさんの場合、呆ける前からこんな調子でしたから

迷惑をかけられたとしても町内の方々も納得していることでしょう。


今日の分のお金を補充するためサイフを見ると、

昨日の夕方コンビニで買い物したレシート(1638円)が入っていて

残金は100円ちょっと。

これで、昨日郵便受けに不在票が入れられていた

ヤマトブックサービスへの代引き支払いはできるのでしょうか?

まっ、そんなことは知ったことではありません。

この調子でヤマトブックサービスのブラックリストに登録されることを

願っておきましょう。



ベッド脇の床に毛布が広げてあって

いかにも昨晩はここで寝ましたといった感じで枕も床に置かれています。

見たまんま、夕べは床で寝たのでしょう。

なぜそうしたのか?

それは母ケイコさん本人にしか判らないことです。

いえいえ、

もしかしたら母ケイコさん本人にも判らないことなのかも知れませんね。

アルツハイマー病に破壊された母ケイコさんの脳みそに住み着く一匹の虫が

脳を乗っ取り、

その虫が母ケイコさんの身体に出した指令に基づき床に寝ました、

といった感じ?

虫から出された指令で行動したくないものです。

ですが、それがアルツハイマー病という病気なのですから

虫からの指令を甘んじて受けようじゃありませんか!




午後4時40分、再びゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


母ケイコさんは脱衣場に居て、

その姿はまたまたスッポンポン姿です。

ですが、朝と違って浴槽にお湯を張っている音がしますので

今度は確実にお風呂に入るつもりのようです。

今日は朝から夕方まで、

真っ裸の母ケイコさんの姿しか見ていませんが、

まさか、朝からずっと全裸のままだったのでしょうか?

まっ、それはそれでいいじゃないですか!

世界には裸で過ごす部族も居るでしょうし、

人類として、別に珍しいことではありません。

といっても、

母ケイコさんの場合、こういう現象が人類を辞める日に近づいている証し

であるのがちょっとイタいところではあるのですが・・・。





にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




posted by keikosan at 07:10 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告