2014年03月31日

あの頃はカネカネ大騒ぎだったと笑って(苦笑って)話せる日はいつやって来る?



午前8時25分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


今朝もコタツに寝転がっていた母ケイコさんですが、

でも今朝は寝ているわけではなく目は開いています。

その開いている母ケイコさんの目は、

床の一点を見つめていて、

私が来たことに気づいているのでしょうに

そこから視線を動かそうとしません。

これは、

ちょっとキテいるのでしょうね。

こんなパターンは前にもありました。


触らぬキ○ガイに祟り無し。

さっさと用事を済ませて帰った方が良さそうです。

と思ったら、

床の一点を見つめたまま、

「私ばかり責めないでよっ!」

と母ケイコさん。


キ○ガイさんのアホ話には"へ〜"としか答えず

相手はしないようにしてかなり経ち、

全然、まったく責めてなどいないのに

このボケ咲くさんは何を言っているのやら・・・。
(このパターンも、もう何度もありましたね)



「私がお金を使っちゃったんじゃないからねっ!」

やはりお金のことですか。

というか、

母ケイコさんの全財産を使ったのは母ケイコさん自身ですよ。

スカスカ頭には自覚が無いようですが・・・。
(この人は、頭がスカスカになる前からお金に関する自覚無しの病気持ちでしたね)



「鈴木太郎の馬鹿のせいで、私のお金が全部なくなったんじゃないか!」

「ヤマグチのババーに騙されて、いいように使われて」

「何が、年寄りを騙してカネを巻きあげてるだ!」

「ふざけるんじゃないよ!」

「いつ私がそんなことをしたっていうんだよ!」

「こっちはヤマグチのババーに振り回されて、ガソリン代だっていっぱい使ったよ!」

「お金を取られたのは私だっていうんだよ!」

「ヤマグチさん(上げたり下げたり、週刊誌やワイドショーの様)が、

 みーんなあんたに説明してあげますよって言ってくれてるわっ!」

「頭はすーっとして、もう治ったよ!」

「何が一日千円だ!」

「あんたはキチガイだよ!」



腐った頭が作った自己保身のインチキ話を延々と続ける母ケイコさんの相手はせず、

用事を済ませ帰宅しました。





午前11時30分、再びゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。



台所でケイコ飯(豚のエサ)を作っていた母ケイコさん、

「私は鈴木太郎に酷いことを言われたんだよ」

と、朝の続きなのですが、

実はこの話、内緒にしていたけれど、今、始めて告白するよ調で

早速、始まりました。
(このパターンも、もう何十回、何百回目?)



「フカダのババーにも、敬老会で酷いことを言われたんだからな!」

「みーんな知ってるよ」

「今度、事情を知っている人たちの家に行ってくるよ」

「ノートを持って行って、

 知ってる人たちにぜ〜んぶ書いてもらってくるよ」

「それを見れば、ぜーんぶホントのことだって、あんたもすぐに判るよ」


それもこれもお金のため。

アルツハイマー病に破壊されスカスカになった母ケイコさんの脳みそで

一生懸命考えた、私からお金引き出し大作戦。
(この大作戦を実行するのも、もう何回目?)



許されるものなら、希望通り通帳ほか一式ボケ咲くさんに持たせて、

どこへでも行きなさい、視界から消えてください

と旅立たせたいところですが、

法がそれを許しません。

呆ける前から迷惑な存在だった奇人変人さんは、

死ぬまで迷惑な存在であり続けるのですね。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 07:31 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

今日もアルツハイマー星の儀式を執り行うアルツハイマー星人


午前11時30分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


出動してきたのかこれから出動するのか自転車は玄関前。

そして、昨日は玄関内で行われていたアルツハイマー星人に伝わる神聖な儀式

「バケツに入れた洗濯排水への木製布団叩き漬け」が

今日は玄関前(屋外)で行われています。

きっと、

連続して何日間か儀式を行わなければならないとかいう厳格な決まりがあるのでしょうね。

が、

ここは地球ですので、

このおかしな儀式の品は撤去させてもらいましょう。


玄関を開けるとそこには洗濯排水が撒かれ水浸し。

これもアルツハイマー星の儀式に則って行われたのでしょうか?
(お清めの水、的な?)


私との連絡用テーブルの上には毎度お馴染みのメモ書きが置かれています。


「やっちゃんが ケイちゃんはちっともおかしくないよ 

 って言ってくれているんだヨ!」

「〇〇病院 ダメ」

「頭 階段ぶつけた」

「物忘れ」

「年だから物忘れだってするヨ」

「もう大丈夫」

「薬 頭スッキリ」

「アミさん あなたは守られている」

「大〇ジャリさまのツボのおかげ」


以下、いつもの文字の羅列がさらに続く



お金の不満がこうさせるのでしょうね。

アルツのさらなる悪化まで、

この調子でいくのでしょう。

さて、いつまでこんなことができるかな?

という感じです。



そんな母ケイコさんは、コタツに寝転がって入って寝ています。

母ケイコさんを起こさぬよう用事を済ませ

そっと帰宅しました。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 08:28 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

あれも欲しいこれも欲しい、欲のカタマリ。その症状も若い時からのこと


午前8時30分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。



私との連絡用テーブルの上には、

長サイフを置いてカネくれアピール。

そしてまた、小銭を並べて(計1253円)ダブルカネくれアピール。

お金も無いのに身の程知らずにも3年購読をしていた愛読誌「いきいき」

の購読期間終了が近づいてきたため雑誌の包みに同梱されてきた

購読継続案内を置いて、今後も「いきいき」読みたいアピール。

妹が買ってきた母ケイコさんが言うところの高級トマトのパック(値札シール)

を置いて、妹の無駄遣い(決してそうではない)アピール。
(キ○ガイっぷりが鬱陶しいので回収)


寝室に居る母ケイコさんの気配で安否確認終了。

母ケイコさんと接することなく、用事を済ませそっと帰宅。





午前11時30分、再びゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


いつもはトイレ内に置かれているトイレの汚物流し水用の洗濯排水入りバケツが

今日は玄関に1つ置かれています。(今朝来た時にはこんなものは無かった)

しかも、

その汚いバケツ水に、どういうわけか木製の布団叩きが浸かっています。

アルツハイマー星からやって来たアルツハイマー星人に伝わる神聖な儀式か何かでしょうか?

神聖な儀式を邪魔して罰が当たったらどうしよう?

と、一瞬躊躇しましたが、

よく考えればここは地球。

郷に入れば郷に従えということで、

バケツ水は捨てさせてもらいました。


会議室の椅子に座って新聞を見ていた母ケイコさんに、

郵便受けに入っていた

これまた母ケイコさんの愛読誌「毎日が発見」(こちらも"馬鹿の3年購読")

を手渡すと、

テーブルの上に雑然と置いてあった「いきいき」を手に取り、


「これ、2年くらい頼んであるんだよ」

と私に見せ、

"もうじきこの雑誌、購読期間終了となるけれど継続して読みたい"

という気持ちを歪めて表現。(母ケイコさん持病の精神病「私の気持ちを察して病」)

「毎日が発見」は購読期間満了でお仕舞いにしますが

「いきいき」は、キ○ガイ発狂予防の薬代わりとして継続するつもりです。

もちろん、

突然アルツが悪化しボケボケのパッパラパーさんになっても無駄になる分が少なくて済むよう

1年更新です。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 07:18 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

自己都合回路のみで生きている



午後1時25分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。



家の内側からしか開け閉めできない玄関の第3の鍵は

いつもはロックしたままとなっているのですが、

なぜか今日はロックが解除されていましたので

引き戸の片側が泥棒さんいらっしゃい状態。

このところ、いつもはロックしない玄関中央の鍵がロックされていたり、

第3の鍵が開けっ放しだったり、

アルツハイマー病に破壊された母ケイコさんの脳みそは、

おかしな指令を母ケイコさんに発しているようです。



私との連絡用テーブルの上では、

今日も長サイフを置いてカネくれアピール。

ですが、

財布の横には先日妹にもらったお金の残りなのでしょう計2700円を並べており、

それだけお金をもっているのであればカネくれアピールなどしなくともよさそうなのに

そこはアルツの人のやることですし、

カネカネマンでもあることですし、

いくらあっても満足できないのでしょう。

昨日の日付が打たれた100円ショップのレシート2枚(相変わらず、同じ日に時間差異常者2度買い)

も置かれていて、2枚合計18品お買上。

もうお金など渡せる状態ではないのかもしれませんが、

本人、外部の介護は断固拒否ですし、
(母ケイコさんは若い時から、介護を受ける人=キ○ガイと考えていた差別の人だから)

とにかく1円でも多くお金が欲しい人ですし、

とにかく、毎日買い物に行きたい人ですから、

このボケ咲くさんにお金を渡さないわけにはいきません。

かといって、

我が家にはホイホイお金だけを渡せる余裕はありませんし

まぁ、行ける所まで自分で頑張ってもらいましょう、

そして、施設に入れるタイミングを見計らっていきましょう、

というのが、うちの介護の方針です。

本人の元の性格、本人の裏の顔、現状のパワーアップした異常性格、

本人のこれまでの腐った生き様、それぞれの家庭の事情、

本人が現在どう行動しているのか、などに考えが及ぶことなく

狭量な経験からくるのか世の中には思いもよらない世界もあるのに

自分のちっぽけな価値観で好き勝手に言ってくれる部外者は引っ込んでいてくださいね。

あまちゃんな環境で生きてきたあまちゃんな部外者は、

自分のことだけやっていてくださいね。



投薬カレンダーに今日の分の薬が残っていましたので回収します。

飲み忘れているのか、飲みたくないのか・・・



お昼ご飯なのでしょう、

会議室で食事中だった母ケイコさんの第一声は

「お早う」


こちらからは、"こんにちは" と返事を返すと、


「もう、朝か昼かわからないよ」

とのこと。

口ではそんなことを言ってますが、

"お早う" に "こんにちは" と短く返されただけで

"朝か昼かわからない" と間を開けることなく言うことからも解る通り

母ケイコさん研究家の見立てでは、

さすがに、朝なのか昼なのか夜なのか判っていないわけではなく

"気にしてない"

といったところ。

本当に、朝なのか昼なのか夜なのか解らない所まで落ちてくれたら

即、施設を探し始めますが、

近頃、特養でなくとも空きがなくなってきていて、

どうしましょう?
(すでに日本の老人福祉崩壊はかなり来ていると言っても過言ではなさそう)



「ちょっと、これ見てみな!」

「〇〇(妹の名)のバカ、

 こんな高い物(1パック310円のトマト)を買って寄こしたんだよ!」



また、その話ですか・・・。



「あのバカ、何を考えているんだ!」

「私は1日千円でやっているっていうのにこんな高い物を買って来やがって!」

「あいつに、もうモノなんか買って来るなって言っとけ!!」

「ふざけるんじゃないよ!!」


物を買うお金があるのなら現金をくれ!

ですね。

現金ももらったくせに、

あればありったけカネをくれ!

という感じ?

阿呆の相手は致しません。

へーへー答えておきましょう。



用事を済ませ帰ろうとする私のあとを玄関までついてきた母ケイコさん、


「薬が効いたよ!」

「もうね、すーっとして頭がスッキリしちゃって」

「あの薬はよく効くね!」

「頭を階段にぶつけて、ちょっと物忘れをするようになったけど

 薬のお陰で、もう治っちゃったよ!」


と、これまた聞き飽きたセリフです。



哀れ病を患う哀れさん。

哀れ、哀れ、哀れ・・・・。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




posted by keikosan at 08:59 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告