2013年12月31日

おかしな人を相手にすると、その後ずっと絡まれる危険を伴う


午前11時15分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


今日の母ケイコさんも、


「私はねーーー!!」

「鈴木太郎のバカ野郎に、酷いことを言われたんだぜ〜!!!」

「ホントなんだよーーー!!!」


と、

きっちりと鈴木太郎さんフェアーを開催してくれます。




「1月の敬老会の総会の時だよーーー!!!」


それってもう2年前の1月の話ですね・・・。




「あの馬鹿が、『おい!酒持ってこい!』って偉そうに言ったんだよ!」

「だから、

 "そんなところにふんぞり返って何言ってる!?"

 "酒が欲しければ自分で取りに行って来い!"

 って言ってやったんだよ!」

「"会長さん、女の人はお酒なんか飲んでないんですよ。ちょっとは考えてください!!"

 って言ってやったよ!」(今度は敬語ですか・・・。会長さん=鈴木太郎さん)

「そしたらあの馬鹿、『お〜、飲め飲め!』って言ったんだよ!」

「だから、"おぉー!飲んでやるわっ!"って言って

 酒を一気に飲み干してやったよ!!」

「あの野郎、"おかしな人が何か言っているようですが" なんて言いやがって!!!」

「ふざけるなって言うんだよ!!!」

「何が、年寄りからカネを巻きあげてるだ!!!」

「あいつは、そういう酷いことをみんなの前で言ったんだよ!!!」

「あんた、鈴木太郎の家に、怒鳴り込んできてよ!!!」

「あいつは訴えてもいいくらいのことをしたんだよ!!!」



漏れ伝わった話に寄れば、

うちの狂人さん相手に、

鈴木太郎さんがやらかしてくれたのは事実のようですが、

母ケイコさんが自分より年令が上のお年寄り何人かを言いくるめて

お金を手に入れていたのも事実ですからね。

母ケイコさんの方が訴えられてもいいくらい。


荒れる母ケイコさんにへーへー応えつつ用事を済ませ、

帰宅しました。






にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 07:53 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

姥捨て法案が可決成立されました(どこかの国の近未来ニュース)


午前8時、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


玄関前に自転車が置かれていて、

自転車の前カゴには新聞紙が入れられていますので、

母ケイコさんはこのあと、

古紙回収ステーションへ新聞紙を捨てに行くようです。



母ケイコさんはベッドに寝転がりながら

週刊誌(母ケイコさんに週刊誌をくれる方が2名いる)を読んでいましたが、

私の顔を見るなり、


「す・ず・き・た・ろ・う・の・い・え・に・行・っ・て・き・てっ!

 って言ってるのっ!!!」


と、大きな声。

鈴木太郎さんフェアはまだ継続中ですね・・・。


聞き飽きたいつもの話を続ける母ケイコさんには

へーへー応えつつ、

きんちゃく袋にお金を補充しようとしたところ、

一昨日補充した千円札が3枚そっくりそのまま残っています。
(私が補充した札だと判るようにしてあります)

この人がお金をパーッと使わないなんて、

これは、違った意味で頭の調子がちょっと悪いのかもしれませんね。

ですが、

身体的には元気そうですので

さっさと帰宅しました。



午前10時30分、民生委員のヤマモトさんから我が家に電話がかかってきました。

しょっちゅうヤマモトさん宅を訪問している母ケイコさんですが、

今年になってまだ1回もヤマモトさん宅へ顔を見せていないそうで、

それで心配して下さったヤマモトさんが電話で母ケイコさんの近況確認です。

これは、

もし万が一、魔が差して私が母ケイコさんをあやめてしまうことにでもなったら、

あるいは、

仕置き人(どこへ連絡すればいい?)に母ケイコさんの処分を依頼したとしても、

もしくは、

日本古来の伝統を復活させ、母ケイコさんを姥捨て山に捨ててきたとしても、

すぐ足が付きそうです・・・。



母ケイコさんが民生委員のヤマモトさん宅へお邪魔した直近は先月の29日で、
(そこから半月以上、間が開いているわけですね)

自転車がパンクしてしまって私に修理してもらおうと思っているけど

我が家の電話番号が判らなくなったので教えてと言ってきたので、

我が家の電話番号を紙に書いて母ケイコさんに渡したのだそう。

では、

母ケイコさん研究家の私が解説いたしましょう。

我が家の電話番号が判らない?

これは嘘です。

母ケイコさんの自転車がパンクしたあと、わざとしばらく放置していましたので、

それにじれた母ケイコさん、

「電話番号が判らなくなったので教えて」と口では言いつつ、

それは母ケイコさん持病の精神病「私の気持ちを察して病」の現れですから、

「ヤマモトさんが電話をかけ修理するように言って」

ということ。

アルツハイマー病に脳みそを破壊されている(現在進行形)母ケイコさんですが

まだまだ、持病の精神病「私の気持ちを察して病」は健在。

アルツハイマー病に破壊されている脳みその、

まだ破壊されずに残っている健全な部位に、

持病の精神病がしっかり残っているのですから、

おかしなものですね。(脳科学の不思議)



その日、ヤマモトさんから電話はかかってきませんでしたし、

その日以降、

母ケイコさんから我が家へパンクについて電話はかかってきませんでした。

といいますか、

その後も何度も母ケイコさんと顔を合わせていましたし・・・。



ちまちま、ちまちまと

嘘をちりばめた嘘つき人生母ケイコさん。

まっ、母ケイコさんは若い時から持病の精神病「嘘つき病」も患っていますから

しかたのないことですね。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 07:59 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

今年もサイクリング部部長として頑張ります!って?


午後12時10分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


自転車は定位置に置かれています。

昨日は長距離サイクリングに出かけなかったのでしょうか?


寝室に居る気配で母ケイコさんの安否確認終了。

用事を済ませた所で母ケイコさんと接することなく帰宅。




翌日午前8時、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


自転車はいつもの定位置ではなく玄関脇に置かれていて、

雨が降っているからでしょう、ブルーシートがかけられています。

拾ってきて(母ケイコさんが)サビサビの自転車ですが、

雨に濡らすのはよくないという意識は、

母ケイコさんの壊れた頭にまだ残っているようです。

私との連絡用テーブルの上に、

片道15km、往復30km途中山道ありの長距離サイクリングコースの最終盤、

山道が始まる辺りにあるコンビニのレシートが置かれていました。

レシートに打たれた日付けからいって、

やはり長距離サイクリングに出かけていました。

今年も元気に長距離サイクリング三昧!・・・・なのでしょうか?


ちなみに、母ケイコさんが長距離サイクリングに出かけた日は

明治の親(私の祖父)の命日でしたが、

母ケイコさんにとっては、

そんなことはどうでもいいことなのでしょうね。

当たり前です。

祖父はほとんど母ケイコさんが殺した様なものですから、

どうでもいいに決まっています。

自分の欲望第一、母ケイコさん。

親や子より、自分が大好き母ケイコさん。

明治の親の面倒を看ることより、

不倫相手の男と楽しく過ごすことが好きだった母ケイコさん。

頭が壊れて、30年以上付き合っていた男に捨てられ、

あぁ〜惨め。


正月に兄一家を迎える準備を整えていた部屋にいる母ケイコさんの気配で

安否確認終了。

母ケイコさんと接することなく帰宅しました。





翌日、午前9時、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは洗濯物を干しています。


私の顔を見るなり、


「道路に葉っぱがいっぱい落ちちゃったよーーー!」

「あはははー♪」

「あはははー♪」


たまにある母ケイコさんのこの気持ち悪い笑い方。

今日は違う方向にキテます?

今日の母ケイコさんのお脳メーターの振りは

ほとんど振れていないようですが、

鈴木太郎さんフェアに付き合わされるより、

違う方向にキテいてくれた方が

落ち着いていると言えば落ち着いているのでずっといいです。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 07:20 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

今回のフェア開催期間は長い


午前8時15分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


会議室のコタツで母ケイコデスノートにメモ書き中だった母ケイコさん、

私の顔を見るなり、

今日もいつものアルルハイマー病の人のお仕事が始まります。


「私はねーーー!!!」

「鈴木太郎の馬鹿に酷いことを言われたんだぜーーーー!!!」

「ホントだよ!!!」

「あの馬鹿が、

 私が年寄りを騙してカネを巻きあげたって町内中に言いふらしやがって!!!」

「それで、今、私がこんな目に遭っているんじゃないかっ!!!」

「社長の葬式の時だよ!!!」

以下同文。


同じ話を毎日、毎日。

アルツの人のお仕事は、

規則正しく決められたことを決められたルールに則り

淡々と進められます、という感じです。

その調子で、

アルツ発症前の社会生活も決められたことを決められたルールに則り

生きてくれば良かったのに、このお馬鹿さんときたら・・・。

まっ、

それが出来ていたらアルツハイマー病など発症していなかったのかもしれませんね。



お馬鹿さんのいつもの話にへーへー応えつつ、

またまた1本の延長コードに刺されているコタツとホットカーペットのプラグ

のうち1つを別のコンセントに差し直し、

ついでにホットカーペットのスイッチをオフにして帰宅。




午前10時50分、再びゴミ屋敷へ。

母ケイコさんは在宅中。

寝室に居る気配だけを確認し、

母ケイコさんと接することなく用事を済ませた所で帰宅。




翌日、午前11時15分、ゴミ屋敷へ。

母ケイコさんは在宅中。


カチャカチャ音がする感じからいくと、

母ケイコさんはベッドの上で食事中のようです。
(アメリカンテイストな暮らしぶり)


冷蔵庫にワタミのおかずを入れていると、

空の食器を持った母ケイコさんが台所へやって来て、


「ちょっと!!!」

「あんた、鈴木太郎の家に行ってきてよ!!!」

「私はあのバカに、酷いことを言われたんだぜ!!!」


と、今日もアルツのお仕事ご苦労様。

もちろん、へーへー応えつつ用事を済ませた所で帰宅。




翌日、午前8時、ゴミ屋敷へ行きました。

自転車が玄関前に置かれていて、

その前カゴには空のペットボトルが何本も積み込まれていますので

今日はこのあと水汲みに出かけるようです。


母ケイコさんは会議室のコタツで寝ていましたが、

ショルダーバッグ内のきんちゃく袋に今日の分のお金を補充している

私の気配で目を覚ますと

寝ぼけた素振りを見せることなく、即、


「太郎の家に行ってきてって言ってるの!!!」

「あんた、鈴木太郎の家に怒鳴り込んできてよ!!!」

「私がお金をなくしたのは、アイツのせいなんだよ!!!」

「アイツは泥棒なんだよ!!!」

「アイツは訴えてもいいくらいなんだからな!!!」



なんでもかんでも人のせい。

悪いのは全部他人。

この人は昔からそう。

こういうバカはアルツになるべくしてなる運命なのでしょうね。

身近にチラホラ見かけるこういうタイプの厄介な人は、

将来のアルツ発症候補リストの上位にランクさせて

今のうちからなるべく関わらないようにしましょう。



午後12時45分、再びゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは自転車で外出中。

片道15km、往復30km途中山道ありの水汲み場へ

今年、初出動でしょうか?






にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




posted by keikosan at 07:38 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告