2013年02月28日

そのうち、泥棒、万引きなど犯罪に走るのかも?


午後3時、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中。


玄関に新品のスキヤキ用鍋が置かれています。

お金に余裕のない母ケイコさんに、今、新品の鍋が買えるわけはありませんので

自分でゴミ屋敷内を家捜しして、昔買った(浪費した)この鍋を見つけた?

昨日の妹に買って貰った服といい、

おそらく、

カネカネ、カネカネ、お金中毒の禁断症状のせいで

お金に換えられそうな物を必死になってかき集めているといったところでしょう。



私に向かって何を言うかと思えばこのボケ咲くさん、

「なんでこんな鍋、買っちゃったんだろうね?」

と来ました。

そんなこと、私が知るわけないでしょう。

ピカッと光って欲しくなると我慢できなくなるのは、

あなたが若いときからそうでしたよ。

さすが発達障害の人は、

自分の阿呆な症状について、まったく自覚がないのですね。
(だからこそ病気なのでしょうが・・・)



廊下には、

昨日の「100均エコバッグ(大)妹が買い与えた服の詰め合わせセット」が

置かれたままになっています。

ボケ咲くさん、昨日は「○○教(同級生宅のこと)に行く」と言っていましたが、

行かなかったのでしょうか?

いいえ違います。

このあと、「○○教(同級生宅のこと)」に行ってきた話を長々と始めましたので、

「100均エコバッグ(大)妹が買い与えた服の詰め合わせセット」を持って行ったものの

受け取り拒否をされたのかもしれません。

当然ですね。

時代は終戦直後でもあるまいし、

こんなものもらって喜ぶ人なんかいやしませんよ。

喜んで受け取る人がいるとしたら、それはあなたと同類の認知症の人くらいでしょうね。

着古した服を売りつけてお金を手に入れる作戦失敗。

残念でした。(阿呆)




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 08:40 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

物乞い行脚


午前11時10分、ワタミのおかずを持って再びゴミ屋敷へ。

母ケイコさんは在宅中です。


「これから、○○(地区名)の○○教へ行ってくるよ」

朝同様、また○○教ですね。

でもあれあれ?

朝の○○教話は、別の地区の○○教施設にお住まいの方の話だった筈。

私の知識が正しければ、

母ケイコさんがこれから行くと言う○○地区に、○○教の施設はないはずですが

これは一体どういうことでしょう?


「同級生の○○ちゃんは、昔っから○○教なんだよ」

「○○(地区名)に住んでいるから、これから行ってくるんだよ」

とのこと。

だったら「○○ちゃんの家に行く」と言えばいいものを

「○○ちゃん=○○教」呼ばわりになってしまうのですね。



今朝の○○教話から、

アルツハイマー病に脳みそを破壊されている人にありがちな連想ゲームが始まってしまい

○○教繋がりで同級生のことを思い出したのでしょうね。

はいはい、どこへでも行ってきてくださいな。

どうぞご自由に。

まぁ、それはいいのですが、

廊下に置かれている100円ショップ購入の大きなエコバッグに

服が沢山詰められているのですが、

これは何のつもりなのでしょう?


「○○(妹の名前)が買ってきた服を○○教にくれてくるんだよ」

○○教=同級生の○○ちゃんのことですね。

冬用にと妹が買ってきてくれた服の大部分がエコバッグにぎっしりと詰められています。

この「ボケ咲く人に物をアゲアゲババー」ときたら・・・。(阿呆!)

この狂った人の狂った行動にカチンときたので、

妹が買ってきてくれた物を人にあげるな!と注意。

注意したからといってどうなるかは解っているのですが、

一応、私のガス抜きの意味もありますからガツンと言ってやります。

ですが、案の定、

早速、キ○ガイ全開に豹変し、

鬼の形相で言い返してくるキ○ガイさん母ケイコさん。


「何言ってるっ!!」

「こんな物買ってこられたって私は着ないよっ!!!」

いえいえ、あなたはこの冬、これらの服を何回も着てましたから・・・。


「あの馬鹿(妹のことですね)、

 こんな物にカネを使うなら、カネを寄こせって言うんだよ!」

キ○ガイさんにお金を渡すなんて、大切なお金をドブに捨てる様なもの。


「とにかくこの服は○○教にくれてくるんだよっ!!!」

「人に物をほどこせば、何倍にもなって返ってくるんだよっ!!!」

「私はそうやって明治の親に育てられているんだよっ!!!」

「おかーちゃんはそうやってこの人はいい人かどうか判断していたんだよっ!!!」

「おかーちゃんは頭のいい人だったよ!!!」

私に言わせれば、馬鹿ビト2代という感じです。

もちろん、私を含めれば馬鹿ビト3代なのですが、
(それどころか遡れば代々バカの馬鹿家系なのは間違いなし)

幸い、私はこのキ○ガイさん母ケイコさんから受け継ぐ教えは何一つないと思っていますし、

うちには子供がいないので、

私でこの馬鹿連鎖を断ち切ることができてなによりです。



「むかーーし、○○(地区名)の○○さんや○○さんの家に物を持って行ったら

 あの人達はお金に困ってないから1万円ずつくれて寄こしたよっ!!!」

「私はそうやってちゃんと考えてやっているんだよ!!!」

このお馬鹿さん、堂々と「私は乞食、押し売り」宣言ですね。

念のため言っておきますが、

母ケイコさんはアルツに脳みそを溶かされ狂ってしまったので

乞食、押し売りをしていたわけではなく、

ずっと前、若いときから馬鹿親(祖母)の教えを忠実に守り、

「乞食、押し売り」をしてきたおかしな人だったのです。



これ以上注意しても荒れ狂うだけですので、

やりたい様にやらせておきましょう。

妹が買い与えた服を持って、乞食巡りに精を出してくださいな。





にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 08:54 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

「ケイコ教に会った」と言ったらケイコさんに会ったということ


何かとあってお休みしていましたが、さらっと再開します。

ちなみに、母ケイコさんは今も生きています。



午前8時30分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんはコタツで寝ています。

アルツハイマー病発症前の母ケイコさんも、

コタツで寝るのは身体によくないという常識はお構いなしにコタツでよく寝ていましたが、

その頃は、案の定、コタツで一夜を明かしたせいで体調を崩すこと数えきれず。

ところが、

アルツハイマー病はある種、不死身になる病気らしく、

コタツで一夜を明かしても、風邪をひいたり等体調を一切崩さない母ケイコさん。

アルツハイマー病を患った母ケイコさんが獲得した唯一の恩典といったところでしょうか?



今日の分のお金をサイフ代わりのきんちゃく袋に補充します。

するとどうでしょう。

一昨日補充したお金がまるまるそのまま残っています。

この数日、オツムの調子が特に悪かった母ケイコさんですから

「買い物に行く」という考えが、アルツハイマー病に破壊された脳みその残った部分に

思い浮かばなかったのかもしれませんね。



私の気配に目を覚ました母ケイコさん、

「昨日、水汲みに行ったら○○教に会ったよ」

と、言ってきました。

相変わらず(アルツ発症前から)、この人の言うことは言葉の説明不足で、

道端で、○○教の教祖、または、その宗教が崇め奉っている神に出会ったかのような発言です。
(お金は使っていませんでしたが、外には出かけているようです)


この後始まった母ケイコさんの長い話に寄れば、

「○○教に会った」

とは、

地元にある、とある宗教施設にお住まいの顔見知りに道端で出会ったということでした。

ですが、

母ケイコさんの話すことは基本的に一本筋が通っていて、

最終的には、

「○○教(その方のお名前ではなく、もう、その方=○○教とインプット)も、

 ケイコさん、全然おかしくないよって言ってたよ」

「アルツハイマー!?うそうそ!ケイコさんはどっこもおかしくない、

 昔とちっとも変わってないわよ!って言ってくれたよ」

と、繋がっていきました。

まぁ、○○教関係者に会ったのは会ったのでしょうが、

おかしくない話は母ケイコさんの作話か誇張でしょう。






にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 07:40 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

お金を大切にしない罰当たり者


ゴミ屋敷に送られてくる通信販売カタログの種類の多さには

ただただ驚くばかりなのですが、

これは、

母ケイコさんがアルツハイマー病に脳みそを破壊され狂ってしまったせいで

通販を利用しまくっていたというわけでは無く、

元々、通販好きで欲しくなると我慢できなくなる人だったというのがあるのですが、

こんなゴミカタログを次々延々と送られても困りますので、

とりあえず、

最近送られてきた4社分のカタログの注文用電話番号に電話し、

カタログ送付の停止をお願いしました。

あっさりと手続きが終わるものなのですね。
(停止を希望する理由を尋ねる会社には、本人が呆けたためと答えました)

今後、まだまだ送られてくるであろう通販カタログについては、

順次断りの電話を入れることとします。




午前11時10分、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは在宅中です。


玄関の上がり框に、新品のストッキング多数が散乱しています。
(きちんと並べて置かれているのではなく、まさに散乱)

これは一体、何のつもりなのでしょう?


母ケイコさんは何をしているかと思えば、

タンスの中身を床に広げていて(もちろん、グチャグチャに)

何か捜し物という感じ。



「タンスを片づけていたらストッキングが出てきたから持ってきな」

と、母ケイコさん。

なるほど、そうですか。

私には片づけている様には見えませんが、

本人がそう言うのならそうなのでしょう。

とりあえず、近々、ゴミ屋敷に誰か他人様が来る予定はありませんし、

服が散乱していても私に何かが降りかかってくるわけでもありませんので

ボケ咲くさんのやりたい様にやらせておきましょう。



昨日抜かれていた冷蔵庫のプラグをチェック。

服の散乱具合からいくと

今日の母ケイコさんのお脳メーターの調子は悪そうに見えますが、

プラグに関してだけは、お脳メーターの調子は良い様で、

コンセントに刺さったままでした。

このまま、このまま。

ボケ咲くさんが、冷蔵庫のプラグのことを変に思い出しません様に!



ゴミ屋敷の独特のニオイが染みついた新品ストッキングは

遠慮無く貰っていくことにしましょう。(ニオイは洗えば大丈夫)

母ケイコさんの気が変わらないうちにそうしなければ、

どうでもいい他人への手土産になってしまうかもしれませんしね。

と、大量の新品ストッキングを手に抱えてゴミ屋敷をあとにしようとしていると

「これに入れてきな!」

と、

100円ショップで購入した大きなエコバッグ(大)を手に持ち母ケイコさん。

そのエコバッグは、ボケ咲くさんがいつも買い物に使っているバッグなので

手で持てるからいらない。と断ると、

「馬鹿だね。こんな物、また買うからいいんだよ!」

こんな物?

まあ、確かに私に言わせれば、そんな物ですが、

あなたは「こんな物」に105円という大切なお金を使っているのですよ。

言い換えれば、それは105円のお金なんですよ。

このお馬鹿さんは、お金の有り難みを知らない大馬鹿者。
(母ケイコさんは、狂ったからこうなったのではなく、狂う前からこんな人)


「これで100円。フフフッ」

「こんな物、いつでも買えるからくれてやるよ。へへへッ」

やはり、この人のアルツは天罰ですね。

いい気味です。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






薬物過剰信仰のタブーに斬り込む。医者自身、薬を減らすことを恐れ、薬物依存患者をつくってないか。過剰投薬は患者ばかりか国をも荒廃さす。ジャーナリズムの医療に対する姿勢にも問題がある。

【目次】
第1部 日本の薬漬け、薬害問題の現況(最も害の多い精神薬の薬漬け問題/患者の姿勢に問題はないか/製薬会社の姿勢に問題はないか/厚生労働省の対策は? ほか)/第2章 日本の薬漬け、薬害問題を防ぐために(提言)(医師の意識改革が必要/患者の意識改革が必要/国、マスコミ、製薬会社の意識改革が必要)


posted by keikosan at 08:34 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告