2012年06月30日

姉ヨウコ80歳


『今月、ジロウさんと一緒に墓参りにそっちに行くけど、もしかしたら泊めてもらうかもしれない』

と、

母ケイコさんと10才歳の離れた実の姉ヨウコ(80才)から母ケイコさんに電話がかかってきたという。

ジロウさんとは、

母ケイコさんのもう一人の姉アキコ(84才)の夫(77才)なのですが、

墓参りには、アキコ夫妻とヨウコの3人で来るのではなく、

アキコの夫とヨウコの二人で来るとのこと。

母ケイコさんと同じで、自分たちの年齢などお構いなしで、

皆、気持ちは若い時のままのようですが、

それはとりあえず置いておいて、

なぜ、姉の夫とは言え人の夫とヨウコがちょっとしたプチ旅行?

おそらくそれは、「金(カネ)」絡みなのでしょうが、

どいつもこいつも母ケイコさんに負けず劣らず余りにも酷いので、

まだ、ブログにどこまで書けばいいのやらと思案中・・・・。



今現在、ブログの内容にタイムラグが半年あって(更に少しずつ広がっていくと思われます)

母ケイコさんの実の姉ヨウコ80歳の背景は、

タイムラグ期間中の今後の母ケイコ劇場の展開上、必要になってくると思われるので
(母ケイコ劇場と言っても、それは悲しいかなノンフィクション)

姉ヨウコ80歳について、

手探りで書いていきましょう。


姉ヨウコさんは、

若いときに実家=母ケイコさんが暮らすゴミ屋敷を出て、

都会でホステスをやっていたそうです。

なぜ都会で水商売の道に進んだのかと言えば、

一足先に都会へ出てホステスをしていた母ケイコ10兄姉の次女を頼ってのことだったそうです。

ちなみに、

姉アキコさんも姉ヨウコさんと同じく次女を頼って都会でホステスをしていたのでホステス3姉妹ですね。
(なんだかNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん」や映画「3丁目の夕日」の世界の様)

その後、姉ヨウコさんは電車内で声を掛けられた男と知り合い、(いわゆるナンパ)

その男との間に一女をもうけたのですが、

そこは一族の血が普通通りの結婚生活を送らせてくれるわけもなく、

ナンパしてきた男には妻あり。

姉ヨウコさんは、現在の母ケイコさんと同じく不倫関係といいますか、

お妾さんという立場になりました。

まぁ、血のせいなどでは無く、

姉ヨウコさん本人の規範意識の問題なのでしょうが、

姉ヨウコさんにとっては幸いなことに、

子供の父親は会社経営をしていたお金持ちで、

女房と畳みは新しい方がいいということでか、

本宅を出て姉ヨウコさんと娘と一緒に暮らしてくれました。

が、ここでまた、一族の血がそうさせたのか、

それとも姉ヨウコさんの道徳心の問題なのか、

いいえ、ただ単に姉ヨウコさんも母ケイコさんと同じで馬鹿なのでしょう、

姉ヨウコさんは勝手に離婚届を偽造し提出。

すかさず自分の婚姻届を提出するという犯罪に走ってしまいました。

ですが、そんな行為はすぐに発覚。

すったもんだがあったのち、なぜか元の鞘に収まり、

あくまでも妾の立場の姉ヨウコさん、妾の子(娘)、不倫相手の3人暮らしがその後も長く続きました。
(その生活の間、娘(私の従姉)は都会のお嬢様学校へ通わせてもらったりしていた)



母ケイコさんが言うには、

その後、3人で暮らしていた家に姉ヨウコさんが男を連れ込み、

現場を不倫相手に押さえられたため、その生活は一瞬にして崩壊。

不倫相手は本妻さんのいる家に戻ってしまったそうです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 12:18 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

母ケイコ劇場に新キャスト登場?


妹から電話がありました。

母ケイコさんの包丁騒ぎを妹に伝えてあったので、

この電話の直前に、

ちょっと注意してやろうと母ケイコさんに電話をしたのだそうです。

ですが、

アルツハイマー病で脳みそを破壊されている狂人に何を言っても無駄なこと、
(母ケイコさんはアルツになる前から狂人でしたが・・・・)

電話で母ケイコさんと言い争いになってしまったそうです。

母ケイコさんに注意や指摘をすることは無駄なのですが、

妹もガツンと言いたいときもあるでしょう、それでいいのです!


言い争いになる前に、

母ケイコさんがこんなことを言っていたそうです。

「ヨウコから電話があって、

『今月、ジロウさんと一緒に墓参りにそっちに行くけど、もしかしたら泊めてもらうかもしれない』
 
 と言っていた」

ヨウコとは、母ケイコさんの10才上の実の姉(80才)で、

ジロウさんとは、ヨウコのその上の姉アキコの再婚相手なのですが、

自分たちで勝手に墓参りに行けばいいものをボケ咲くさん相手に何を言っているのやら・・・。



さて、話をどう進めていきましょう?

一族の血は、ある意味最強ですので、

母ケイコさんと同じ血が流れている(もちろん私もそうですが)

ヨウコもアキコも凄いのです。

どうしようもなく、とてつもなく凄いのです。

母ケイコさん一人への対応でも苦労しているのに、

これ以上、凄い人たちに絡んできて欲しくはないのです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 10:03 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

今日も元気にお留守


午後、ゴミ屋敷へ行きました。

母ケイコさんは珍しく自転車ではなく徒歩で外出中です。

そろそろ役所から次の介護認定訪問調査日の知らせが

あってもおかしくないはずですがまだきません。


室内をチェックすると、

「AM3:00起床」のメモ書きがテーブルの上にあって、

相変わらず母ケイコさんの生活リズムは滅茶苦茶で、

1人暮らしの自由を謳歌しているといったところです。

起床時刻のメモ書きの外にもメモ書きは何枚かあり、

それはこうでした。

「ツチヤさん、キヨコさんとはキョリをおこう」

「ヤマモトさんとセリザワさんに野菜届ける」


昨日は、「ツチヤさん(納豆・豆腐ルート)のところへ行ってくる」

と行っていた母ケイコさんでしたが、

ツチヤさんとトラブルにでもなったのでしょうか?

キヨコさんについては、

相変わらず本を捨てられてしまったことを根に持って悪口三昧でしたから、

距離を置くことに納得。

お二人とも母ケイコさんの相手をしてくれていた大切なお友達なのに

母ケイコさんは馬鹿な人です。

ヤマモトさんとセリザワさんには、

ヤサイさんが持って来てくれた野菜をプレゼントして、

お二人に得意顔をしてきたのでしょうね。


母ケイコさんが書いたメモ書き以外に、

野菜をプレゼントしてきたというセリザワさんが書いたメモ書きもテーブルの上に置いてありました。

「いつも沢山の御品をありがとう」

「これは気持ちです」

「受け取って下さい」

セリザワさんは、早速、返礼の品を母ケイコさんに持って来てくださったようです。

人に物をあげてそのお返しに別の物をもらう。

または、お返しにお金をもらう。

または、母ケイコさんを賛美するお礼状をもらう。

という一連の流れが、

母ケイコさん持病の精神病「人に物をあげあげ病」の周辺症状を起こさせないパターンなわけですが、

セリザワさんはその辺り心得てくださっているようです。

私としては、お返しの品など持って来ないで母ケイコさんとの関係をバッサリ絶って下さった方が有り難いかもしれません。

 「人に物をあげあげ病」の周辺症状:
    物をあげた相手が一連の流れを踏まなかった場合、
    相手の悪口をあちこちに言いふらしたり、
    相手に脅迫状を届けたりする。
    悪口はおそらく死ぬまで言い続ける。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 13:54 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

大騒動から一夜明け


母ケイコさんによる包丁振り回し事件と

母ケイコさんがもう20年以上愛人を務めている不倫相手ヤサイさん(職業:専業農家)のゴミ屋敷訪問と、

激動の一日が開けた翌日午前7時、いつも通りゴミ屋敷へ行きました。
(何があっても、ルーティンワークはこなします)

ですが、

昨日の今日ですので、玄関の鍵を開けるところから用心しなければなりません。

母ケイコさんの今日の様子はどうでしょう?

心配ご無用!

昨日の朝の鬼気迫る迫力はどこへやら。

母ケイコさんは、ぼーっとした感じのアホ面です。

投薬カレンダーをチェックすると、

今朝の分の薬は、

今日から新たに追加になったツムラの漢方薬「抑肝散(ヨクカンサン)」を含め

しっかり飲んであります。

それはそうです。

母ケイコさんは若いときから人一倍死にたくないと思っている人ですから、

あの病院へ行くのが嫌なだけで薬は欲しいのです。

強く死にたくないと思っていますから、薬は飲みたいのです。

私としては、もう薬なんか飲まなくてもいいのですが、

一応、作業として、

あくまでもただの作業として投薬カレンダーに薬をセットし、

それを飲もうが飲むまいが母ケイコさんの自由意志に任せるだけです。

薬を飲んでもアルツハイマー病は治りませんし、

どうぞご勝手に。
(母ケイコさん持病の精神病「死にたくない病」のせいで薬は基本的にしっかり飲むでしょう)



ゴミ屋敷内のチェックをしてまわると、

座敷に設置してあるエアコンのスイッチがオンとなっていて、

同じく、座敷に置いてあった(昨日は台所に置いてあった)昔、母ケイコさんが自分で買った

小型温風器のスイッチもオン。(この話は昨年12月のできごとです)

座敷は暖房器具2つで暖めて、あ〜母ケイコさん温々でうれしいな!

って、このボケ咲くさんのやることは、まったく・・・・。

「エアコンなんか使わないっ!」

と啖呵を切っていましたよね?

まぁ、母ケイコさんはアルツハイマー病で脳みそを破壊されているわけですから、

こういうものなのでしょうが、

アホ面といい、やっていることといい、

今日の母ケイコさんのお脳メーターの振りは弱いようです。

昨日、大好きな不倫相手ヤサイさんがゴミ屋敷へ来てくれたことで興奮しすぎて

心身ともにお疲れモードなのかもしれません。


そんなお疲れモードの母ケイコさんですが、

「水を汲みに行ってくる」

「100円ショップへ行ってくる」

「ツチヤさんの所へ行ってくる」

と、

これまた母ケイコさん持病の精神病「家でおとなしくしているのは嫌、出かけたいの病」と、

同じく母ケイコさん持病の精神病「買い物したいの病」のせいで、

今日もあちこち出かけてくるようです。

はいはい、どこへでもいってらっしゃい!




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 17:05 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告