2012年02月29日

エアコンも買い取ってもらうつもり?


「もらい物のブドウを八百屋に売りつけて手に入れた1000円でのたれ死ぬ」

と、

母ケイコさんが電話で死ぬ死ぬ宣言をしたことを知らせる妹からの電話(ややこしい)を

切ってからそんなに時間をおかずに、三度妹から電話がかかってきました。

また妹の所に母ケイコさんが電話をかけてきたのだそうです。

今度の母ケイコさんの用件はこうです。

「さっき、ブドウを売ってきた帰りに、

 ○○電気(先日、ゴミ屋敷にエアコンを設置してもらった店)に行って

 エアコンを取り外してくれと頼んできたからな!!」

「あんなキチガイ(私のこと)が買ったエアコンなんか使うもんかっ!!!」



・・・・・・・・・。

今回のBPSDは、なかなかですね。

妹からの電話を切り、早速、○○電気に電話を入れます。

電気屋さんが言うには、

母ケイコさんはエアコンを取り外してくれなどと言いに来店もしていないし、

エアコンを取り外してくれなどと電話もかけてきていないとのことです。

アルツハイマー病のせいでスカスカになっていく脳内で、

これからやろうとしたことを既に実行したと間違って記憶されたか、

もうとにかく、脳内がメチャクチャでそう言わせたのか、

そんなところなのでしょう。

○○電気店さんには、母ケイコさんがエアコンを外してくれと言ってきても無視するよう

お願いしておきました。


それにしても母ケイコさん、

「エアコンなんか使うもんか!」って、

あなたは、家出するか、のたれ死ぬかするかのどっちかではなかったのですか?




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


posted by keikosan at 08:43 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

家出するんじゃなかったの?


家出宣言をして泣きながら自転車で走り去っていった母ケイコさん。

その後の母ケイコさんがどうするのかどうなったのか、

まったく、全然、一向に気にしていませんでしたが、(なるようになれ)

その日の夕方、朝に続き再び妹から電話がかかってきました。

朝の電話は、

昨日妹が渡した1万円札をなくしたと母ケイコさんから電話があったことを知らせる内容でしたが、

今度も母ケイコさんから電話がかかってきたことを知らせるものでした。
(母ケイコさんからの電話を切った直後に私に電話をかけています)

母ケイコさんから妹にかかってきた電話の内容はこうです。

「○○(私のこと)はキチガイだ!!」

「ブドウ農園に勝手に電話をしやがって、ふざけるな!!」

「頭にきたから、もらったブドウは○○屋(母ケイコさんがいつも行く八百屋)で買い取ってもらったよ!」

「あの八百屋、人の足下見やがって、良いブドウなのに1000円しか寄こさないんだよ!ふざけやがって!!」

「もうこの1000円でのたれ死んでやるからなっ!」 

ガチャっ!


と、一方的に怒りをぶちまけると電話を切ってしまったそうです。

何で、頭にくると頂き物のブドウを八百屋に売りつけることになるのでしょう?

着払いで兄宛に送るはずではなかったのでしょうか?

アルツハイマー病のせいで失われていく脳みそでは、そういう発想になってしまうのかもしれませんね。

しかし、突然やって来た一般人からブドウを買い取りますか・・・。

丁度、ゴミ屋敷への帰りがけの場所にあるその八百屋は、

地域の人から得体の知れない八百屋(見た目は汚らしくて煩雑な店内)と言われ、

気取った奥様方は決して出入りすることの無い八百屋だけのことはあります。

「1000円でのたれ死ぬ」も意味不明。

怒りで母ケイコさんのお脳メーターは振り切れて壊れてしまったようです。


家出するもよし。

1000円でのたれ死ぬもよし。

どうぞご自由に。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


posted by keikosan at 09:57 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

呆けた人の家出宣言


もらい物のブドウを兄宛に送りたいという母ケイコさん。

異常(送る頻度、送る物の品目)なモノ送り病がまた悪化しないよう

母ケイコさんに物を送らせてはなりません。

物のやり取りに使えるような余分なお金は渡していないので、

そうそう物を誰かに送ることは出来ないでしょうが、

着払いの技を使う癖がついたら一大事。

怒り狂う母ケイコさんの姿が浮かんできて気が重たくなってきましたが、

これからゴミ屋敷に行って母ケイコさんと一戦交えてきますか。

と考えていた矢先の午後3時30分、

母ケイコさんの方から自転車に乗りこちらにやって来たのでした・・・・。


当然、葡萄のことを話し始めるかと思えば、

母ケイコさんの口からはブドウのブの字も出ません。

「昨日、○○(私の妹)からもらった一万円を預けたよね? その1万円を返して」



・・・・・・・・・・。

また、物が無くなってしまったのは人のせいですか・・・。

1万円など預かってませんよ、母ケイコさん。

自分がどこかへしまい込んだかして行方不明なんでしょう。

するとどうしょう、今度はこう言ってきました。

「あんたがお金をくれないからどこかへいっちゃったんだよ!!!」

言っていることが支離滅裂です。

逆ギレした母ケイコさん、予定通り着払いでブドウを送ろうと決めたのか

結局ブドウのブの字も言うことなくそのまま帰ろうとするので、

母ケイコさんを引き留め、私の方からブドウ話を持ち出します。

ブドウ園に電話を入れ、

「母は認知症になってしまったので、もう物は一切送ってこないでください」

とお願いしたことを母ケイコさんに告げました。

一瞬にして鬼の形相に変化する母ケイコさん。

「何ーーーーっ!」

「あんたはキチガイだっ!!」

「何であんたは人の好意を無にするんだ!」

などと大騒ぎ。

はいはい、なんとでも言ってください。

続けて、

「もう帰って来ないよ!」

「ホントに帰って来ないからなっ!!」

と、母ケイコさん、いつぞやと同じように家出宣言です。

またお得意の、自分は家族から愛されている、家族から大切に想われている、

私が居なくなったら困るでしょう口調です。

その母ケイコさんの家出宣言に対し、こちらからは、

「好きにすれば」

と、冷たく言い放つと、

乗ってきた自転車に跨がり泣きながら走り去って行きました。

さようなら。

どうぞお達者で。



ちなみに、

このとき自転車の前カゴにはブドウ園から送られてきた大きなブドウの箱が入れられていました。

ゴミ屋敷への帰りがけに兄宛に着払いで送る手続きをするのでしょうか?

それとも本当に家出して、

今夜の晩ご飯代わりに食べてしまうのでしょうか?




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



posted by keikosan at 09:16 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

対応は早め早め。そして元を絶つ


物のやり取りで繋がっていた観光農園から、母ケイコさんへ送られてきた葡萄(タダ)を

兄宅へ転送したいという母ケイコさんに、

送料分のお金を渡してやってくれとの兄からの電話。


ちょっとちょっと兄さん、それはどうなの?

母ケイコさんから兄宅に物が送られてくることについては暗黒の歴史があり、

何度もトラブルになっている(もちろん原因はすべて母ケイコさん)のに

何で母ケイコさんの送ろうとする行為をとがめないのでしょう?

それに加え、

母ケイコさんが人に物を贈るのは認知症ではなく持病の精神の病がさせることで

金銭的余裕も無いのにまたその病が悪化したらとっても困ります。

ということで、

送料分のお金は母ケイコさんに渡さないし、

母ケイコさんには葡萄など送らないように私から言い聞かせるからと兄に告げ

電話を切りました。



これまでのゴミ屋敷の片付け中に、問題の観光ブドウ農園の名刺を見つけて回収していたので

早速、その観光農園に電話を入れました。
(過去に何度か電話してみましたが出てもらえず(オフシーズンだったから?)、今回初めて電話に出てもらえました)

母ケイコさんは認知症だということ。

母ケイコさんは預貯金を使い果たして物のやり取りなど出来ない状況だということ。

母ケイコさんは普通では考えられない様な物を人に送ってしまい迷惑がられていること。

そして次が肝心、

もう物は送ってこないでくださいということをお願いし電話を切りました。

農園の方には、

「なんて失礼な電話だ!」と思われたことでしょう。

でもそのくらい思われた方が物のやり取りを終わらせるには効果的かもしれません。

少なくともあちらからの荷物が母ケイコさん宛に届くことはないと願っています。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


posted by keikosan at 07:57 | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告