2017年09月25日

小銭をかき集めて支払いにまわすお金に困った人


ケイコの日記


>午前1:30 ご本尊様 勤行
>午前2:30 また寝よう


相変わらず生活リズムは滅茶苦茶です。

そして、

困ったときの神様仏様頼み。




>玉子 15000円払いするので1万円札ないので
>1万払いする準備が10袋だけだったので100円玉で払ったが
>嫁の言いぐさはなんだ! 
>ふざけるな!


母ケイコさんが何を言いたいのかよくわかりませんが、

母ケイコさんが言いたいのは、


 『玉子代として15000円支払う予定。

 でも、1万円札がないので1万円札を準備しよう

 と思ったけれど、

 1万円札を準備するのはやめて

 かき集めた100円玉で15000円支払いました。

 すると玉子屋の嫁は、

 「100円玉での支払いは20枚までしかダメなのですよ」

 「まあ今回は、100円玉で15000円でも受けとりますけどね」

 「100円玉での支払いは、もうこれっきりにしてくださいよ」

 と言われた』



こんな感じでしょうか?




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

posted by keikosan at 08:28 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

アルツハイマー病の人が書く宇宙人の手紙始まる


ケイコの日記


>「ムダなことはするんじゃない」
>「人にほどこす精神だ」
>おとうちゃん、おかあちゃん、ありがとね!
>ケイコは世間の笑いもの
>「どうしようもないおとうちゃん」
>「いい人だった。バイオリンひき」と覚えてくれている人々
>私はおとうちゃん、おかあちゃんの心を受け継ぎ
>親の思いを大事にしている
>私は町内の人より〇〇地区の人に
>おとうちゃん、おかあちゃんの話を聞かせるの
>朝、水汲み
>〇〇(注:不倫相手ヤサイさんの弟)レン草仕度してる
>ツチヤは納豆取りにおいでとレン草たくさんもらう
>ツチヤは里芋注文多い
>一覧表にしよう



明治の親こと母ケイコさんの両親=私の祖父母を称えた(のかな?)と思ったら、

最後は話が変にごちゃまぜになりつつ野菜の注文話。

アルツハイマー病に脳みそを破壊されている人が書く

宇宙人の手紙っぽさが徐々に現れてきました。


バイオリン弾き?

祖父の職業はオーケストラの団員でしたっけ?

祖父は植木職人でしたので、

バイオリンではなくリアカー(リヤカー)は曳いていたと思いますが・・・・。

何か、慣用句的な表現があったでしょうか?




>留守電2度入力
>オバタさん?
>びっくり!東京の・・・・・・
>皆、常識ない
>マナー知らない
>現在のTELでも、何の用件ですよと話すのが常識
>フカサワババーと一緒



母ケイコさんの中では

留守電に用件まで話すのがマナーなのですね。

と言いますか、

アルツハイマー病に脳みそを破壊され、

母ケイコさんが持って生まれたイチャモンパワーが

かなりパワーアップし始めていたようです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


posted by keikosan at 09:24 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

器にあった身の丈を!ってその指標はどんな?


ケイコの日記


>〇〇温泉
>マッサージさん
>「首こってるよ。右がひどい」
>「念入りにやっておくよ」と...
>薬も塗ってくれありがたい
>今度、〇〇(注:地元の名産品)を持ってきてあげよう


身の程知らずにも温泉でマッサージですか・・・・。

また同じマッサージ師に会えるのかどうかは知りませんが、

温泉のマッサージ師にプレゼントする人は

なかなか居ないでしょうね。




>〇〇旅館
>受付でお金を払うときに「また来た」と言われた
>感じ悪い
>日帰り入浴でも気分はリッチだヨ!
>泊まり客は高額払いで家族旅行
>シルバーは器にあった身の丈を!
>全部欲かくと、こぼれる
>それはバカのすること!


えっ?

"シルバーは器にあった身の丈を!" ですって・・・・?

どの口が言うのやら・・・・。

自分の暮らしぶり全般を振り返ってから言いなさい!

という感じ。

"全部欲かくと" って、

一応、狂ったさんなりに欲望を押さえて暮らしている?

笑わせ上手な母ケイコさんです。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 08:53 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

認知症と診断されたことを本人はどう思ったのか?


ケイコの日記


手帳の日付けは2010年12月に突入。


自分の頭の変化に自覚があって

母ケイコさん自らの意志で

一人、病院の物忘れ外来を受診し認知症と診断されたのが

2010年12月のこと。
(医者からは、次回の診察には家族を連れて来いと言われただけで
「あなたは認知症です」とは言われなかったのかも)

アルツさんはそのことをどう書き記していたのでしょう?




>野菜持ってまわって歩く
>マツシタさん元気だ
>ヒデヨさんウサギの置物下さる
>〇〇レストラン(注:母ケイコさん行きつけのレストラン)にも
>あげてと2個頂く


もらって迷惑なゴミをプレゼントするのは

母ケイコさんだけではないようです。




>社協行く
>正月に〇〇公園でイベント開催
>係決める
>星影のワルツ
>1.別れることはつらいけど
>  ・・・・・・・・・
>  ・・・・・・・・・
>  ・・・・・・・・・
>2.いっしょになれる幸せを
>  ・・・・・・・・・
>  ・・・・・・・・・
>  ・・・・・・・・・
>3.さよならなんてどうしても
>  ・・・・・・・・・
>  ・・・・・・・・・
>  ・・・・・・・・・


月一社協の集まりで合唱した唄の歌詞を

すべてメモ書きですか?



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



posted by keikosan at 09:47 | ケイコの日記帳からの抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告